Recommended articles

【まとめ】医療関係に就職したい人に勧める勉強本について

今回は今から医療関係の仕事を目指す人におススメする勉強本について これから勉強しよう!勉強している!という人におススメする勉強の時に使った本たちを教科別ごとに記事にしていましたので、まとめて紹介します。 基礎医学 ・ 解剖学 ・ 生理学 ...

【まとめ】医療従事者が心理学を活用して、提供サービスレベルを向上するならこうする。

今回は医療従事者と心理学についてまとめたものです。

このブログは、医学と健康に関して後悔しないような選択肢をとってもらうために、 科学的根拠の高い論文などを紹介し、それをどう使っていくべきなのか?を私が解説・提案していくブログです。


〇医療従事者ならやりがちなこと。
症状は治しても心は専門外ということがどういう影響を与えるのか?
と気になる方は

コチラから→



〇医療従事者にとって患者満足度とは?
技術を磨くことなのか?施設をきれいにすることなのか?
相手の心理を読んで満足させる手段を見つけるのか?

心理学的な分析によると意外にシンプルな答えに

コチラから→



〇単なる不注意といっても、次から注意します!という対策は如何なものでしょう?
心理学的にはヒューマンエラーの原因はコレ!って考えられています。

早急なる対策が必要なのかと。

コチラから→



〇共感することは患者さんを理解するためには必要・・・
だけど共感力が低いって言われる人、悩んでいる人はどんな特徴があるのか?

コチラから→


〇聞き出した記憶は違うことも良くあります。
ではなぜ違うのでしょうか?

脳の仕組みを知っていれば、心理学的な記憶の引き出し方を知っていれば、
記憶違いも回避できるのか?

コチラから→



〇働いている医療従事者や患者さんでも当てはまるかも!?
慢性疲労症候群の根本的なきっかけを知れば、対策法も思いつけそうなもの。

コチラから→

但し生半可な介入は悪い結果になるかもしれないその原因は?


〇記憶違いとは別な話。
患者さんに質問、同僚に質問してもアレ?と思う嘘をつく人の心理とは?

嘘をつくことはお互いに利益がないこともあるため、具体的な回避法も。

コチラから→


〇共感が苦手な人は脳の機能で〇〇機能が低下していることもある。

それに対する対策も紹介しています。
共感力も〇〇力も高まり、良い仕事ができそうなもの。

コチラから→


〇共感の欠点を知るべきです。
がむしゃらに共感と言ってもやりすぎると自分に悪いことが。

コチラから→




一旦ここまで紹介してきたまとめになります。

どの記事も医療サービス現場で実践的に活用できる情報かと。

どのぐらい活用できるのか?と言いますと、患者さんに直接良いサービスが行えるぐらい良い知識です。

あくまでも私自身で試してみた結果、患者さんとのコミュニケーションやかけていただく言葉なども前向きな治療をするという意志を感じることができるようになってきました。



但し、これらの方法は知るだけではなくて実践しなければ意味がないです。


知って実践するを行ってみてください。