Recommended articles

【まとめ】医療関係に就職したい人に勧める勉強本について

今回は今から医療関係の仕事を目指す人におススメする勉強本について これから勉強しよう!勉強している!という人におススメする勉強の時に使った本たちを教科別ごとに記事にしていましたので、まとめて紹介します。 基礎医学 ・ 解剖学 ・ 生理学 ...

情報を見極めたい方。難治な病気に困っていると頼ってしまう天然物や方法で気を付けること。

今回紹介するのは、FDAより警告されているがん治療薬についてです。

このブログは、医学と健康に関して後悔しないような選択肢をとってもらうために、 科学的根拠の高い論文などを紹介し、それをどう使っていくべきなのか?を私が解説・提案していくブログです。


日本国内だけでは、なかなかイメージしづらい話かもしれませんが、
ステージが進んだがんに罹患した人は治療法を探し求めていきます。

それは完全なる治療を目指すことが理由だからと考えられるからです。

紹介する情報の出典元はFDAのMPH,Nicole Kornspan氏による発言による記事です。


昨今、治療薬は多様な宣伝方法を使い、FacebookやInstagramなどの広告でもそれらを見かけることはあります。


米国ではFDAの認可が得られないと製品の販売などが行えません。

これは日本国内でも同じような制度がありますね。

FDAは天然成分由来のクリームやカプセル、粉末、お茶、オイルなどがん治療に良いとされるようなキャッチコピーで販売されている現実があります。

そして、これらは人だけではなく、犬、猫のような人のパートナーとなる動物に対しての治療薬も同じ方法で販売されていることがあります。

人でもそうですが、動物でもがん治療などの薬品の代金は高額で、その治療費を払えない人達は安価な未承認薬に手を伸ばしていることが米国内では報告されており、問題視されています。

FDAからはこれらのキーワードに気を付けるよう警告を発表しています。

・あらゆるがんを治療します。
・奇跡的にがん細胞と腫瘍を殺します。
・悪性腫瘍が縮小しました。
・がん細胞だけを選択的に殺します。
・化学療法よりも効果的です。
・がん細胞を攻撃し、健康な細胞は無傷なままです。
・がんを治療します。

また、このような製品を紹介する言葉にも気を付けましょう。

・1つの製品であらゆる効果に効く。
・個人の体験談が紹介されている。
・数日で効果が表れる。
・すべて天然
・奇跡の治療法
・陰謀論

という内容にも気を付けるようにFDAから発表されています。


ここからはFDAによる内容ではなく、私個人が考えることです。
至らない点もありますが、あくまで個人の意見です。


厚生労働省や米国のFDAでも同じような文章が発表されているのに、
実際にはこれらの被害にあってしまわれる方もいると聞くことはあります。

人は、がんや難病などの治療が困難とされている病気がわかると、
治療方法を模索しますが、西洋医学や東洋医学の点からも完全に治療できる方法というものは無いことの方がほとんどです。

私が柔道整復師を取得し、医学の追及を始めてから数年経ちました。

それらから、現代の医療では病気を確実に見つける手段や治療方法なども確立されていないものもほとんどです。

但し、エビデンスを中心に知識を得ているのは、個人で得ることのできない結果を論文により共有できるようになるため、対面した方に提案できる方法は増えていきます。

但し、それらの方法を知って使うことと、盲目的に信じて使うことは少し違うものとも考えています。

診断学などではあり得るのですが、症状の出る条件というものはガイドライン上で発表されていますが、それに当てはまらなければその症状は原因不明となることがほとんどです。

ただ当てはまらなかったからと、症状は進行しており見落とすこともしばしばです。

柔道整復師でいうなら、骨折や腫瘍を見落とす話があったりします。


つまりは、専門家でも迷うことがあり間違えることもあるため、
自分達の知識や技術を疑い、あらゆる可能性を考察しなければなりません。


このことと、安易に奇跡的な方法で治る!という製品などに飛びつく行為は同じことで、
患者だけではなく施術者もこれらの上手い方法に飛びつくことがあります。

案外専門家の人たちは、製品がもたらすプロセスが合理的だと、結果がどうであれ納得し、盲目的に信じることもあります。


こういった情報を見極めるためには、科学的根拠も参考にする1つです。

探しづらいこともほとんどですし、折角見つけた論文なども改ざんされていたり、再現性に乏しいことなどもありますが、問題を解決するためには専門家に質問されることから始めてみてください。


その質問の中で、情報を見極めるときに必要な知識があります。

コチラ→

10個もあるので大変ですが、私自身も使っている手法です。


政府機関なども不正があったり、色々と情報を信じづらい状況はありますが、
結局見極めるのは自分の判断です。

自分の判断に後悔をしないためにも、1つの方法に絞らず色々な方法があり、それらの中からどれがどのように結果が出ているのか見ていけば、健康にも精神的にも良かったりするものです。


見極めるためにはリンク先の記事を参考にしていただき、情報を得られるようになって頂きたいです。

では良い健康を。