【初心者でも一か月10,000PV越え】医療従事者KeiSのブログを始めたきっかけ

いつもご覧くださっている方は誠にありがとうございます。


今回は、何故このブログをやっているのか?きっかけと至った思いについて書きます。

やっていきたいこと

科学的根拠の高い情報で「最良の選択肢」をとって健康でい続けるということ。

何故そう思ったのか?

選択肢というものは、時にとんでもないことになったりします。

個人的な体験談になりますが、
私自身体重の増減が凄まじい30数年を送ってきました。

増える方の原因としては食べすぎ、動かなさすぎ、楽しすぎということになりますが、
減る時、ダイエットの時に減りますが合わせて体調やメンタルを崩すことが多くなりました。


プロフにも書いていますが、好奇心旺盛な性格で多様な職種を経験してました。

そうなると、様々な人間関係やビジネスにも出会うことがあり、
その中にもダイエットなどがあります。

ダイエットに関しては、「食べるだけで」「飲むだけで」というものは数種類試しましたが、一向に痩せず出費だけ嵩んでいき「やっても結果が出ない」ということにメンタルを病み体調も崩れました。

メンタル次第なところはあるので、病院などに掛ってはいません。


きっかけの1つは
「結果が出ない方法を試すことはメンタルを病む」ということ。

変えてくれる1つのきっかけ

健康商材の販売員をしている時に、そこの商品を買ってくれるお客さんがいました。

物腰のやわらかい女性です。

暫く通ってくれたのですが、使っても使っても改善されることはありません。

無知な私は、「使い方を変えれば効くかもしれない」と至り、
お客さんの意志を無視して、どうにか効いてほしいという気持ちばかりでした。

結局は満足してもらえず、その方の病状は進行してしまったのですよ。

そんなことから、自分の知識不足に後悔して医療系の資格をきっかけに勉強しようと至ったということ。

やっとブログの話に

勉強は頑張ったつもりだったので、学校でも2番目ぐらいの成績で国家試験に合格はしたのですが、就職してさらに自分の知識不足を思い知ることがありました。

それは、筋肉や骨格以外の健康の相談でした。

「こういった薬を飲んでいるのだけれども、どうしても体に合わない。
 相談はするけど、様子を見ましょうの一点張りで信用できないから教えて欲しい」

とのこと。

正直、資格上助言は難しいということと、勉強したことのないジャンルで知らないという2点で答えることができません。

この時はとっても悔しい思いをしたことを覚えています。


それからは勉強を始めましたが、
どうせなら知識だけでしたら資格に囚われずに情報を発信することを始めてみよう。

そうした方が自分の知識定着にもなるし。

ということで、始めたのがブログです。

また別の話では

医療従事者になって思っていることは、みな自分の知識に絶対的な自信を持っています。

医学という共通項のある知識ですので、どれぐらい覚えているのか勝負な世界もありますが、その中には根拠性が乏しいものもあります。

そんなあっさい知識の医療従事者やセラピストたちに健康被害を受けて相談を持ち掛けられることもあります。

皆さん、「自分で選択したから仕方ないけど、専門家だからって任せっきりにするのは良くなかった」と言われています。

こういった被害に遭う方が減る方法って何だろう?

と考え、実践してみました。


医療従事者KeiSのブログとは

見て頂いた方が最良の選択肢を取れるようにする知識を提供するもの。

しばしば専門用語のオンパレードで見づらいことは承知の上です。
しかし、正確な情報を届けようという気持ちがあるから、こんな堅苦しい言葉のブログになっていることはお詫び申し上げます。

専門家に頼りっきりにならずに、自分で後悔しない判断をするための選択肢を身に着けてもらおう。という気持ちでいますが、医学論文なども娯楽雑誌の一環です。

ある程度は雑学ブログを見るようなお気持ちでご覧頂きたいという気持ちもあるので、
医学だけではなく、心理学のように雑学かつ使える情報も織り交ぜています。


このブログ自体は5月の中旬にスタートしてますが、おかげさまで1日に1,000PVは見ていただいている現状があります。

一日に投稿する回数は多めなので、読むことに疲れるかもしれません。

しかし自分も楽しく、仕事上で使える知識をお届けするように心掛けます。