医療従事者必見!収入が高い人の4つの心理的特徴とは?

今回は収入と性格について。


あれ?医療や健康と関係ない?と思われるかもしれません。

しかし、この話題は無関係ではなく医療関連に職を持つ方にとっても重要な話です。

何せ技術や知識を身に着けるにもコストをかけないといけない場合も多々あります。

私で言いますと論文を読むのがまさにそうだったりします。

医療関係は案外とコストが掛かるので、収入が伴わないとならない場合もありますので、
こんな心理的特徴があるよ。という分析結果を踏まえてご覧くださり自身の知識や技術の糧にして頂ければ何より。


結論から

こんな性格だと収入が上がるよ。というものはコチラ

・外向性が高い
・好感度
・良心性
・感情の安定性

これら4つの特徴が見られました、


解説

この研究は18,971人を対象にし、平均収入が39,060€。
15の項目からパーソナリティを調査した結果が上記のものに。

この研究からは、感情の安定性が職務の継続率に関連していることが強調されており、
収入の高い職種に就けるのか?ということが、この研究から分かっていること。

医療系で言えば給料が高い職種になってくると、身体的に、精神的にキツイ場合もあり、
職の継続率が課題にされていることもあります。

これら4つの特性が高くある場合、継続率が高くなるから収入も上がるよね。
という答えが出ていました。

但し、この研究では職種によっては階級があったりするものが、
これらの特性が当てはまるのか?という疑問視も持たれています。

Denissen JJA、Bleidorn W、Hennecke Mら。所得を形作るための人格の力の解明 サイコロサイ2018; 29(1):3–13。土井:10.1177 / 0956797617724435


まとめ

外向性、好感度、良心的、感情の安定性という4つの特性が安定して発揮できると、
自分が望む良いパフォーマンスを発揮できる環境に身を置くことができる。

ということで、収入も上がっていく。

という単純な答えになります。


そうなると、外向性を高めるには?好感度と良心的?感情の安定性?

まずは基礎となるこれらを発揮するために、
この記事も関連している話題になります。


1つこの論文から得られている答えとしては、
「自己評価」を下げないということ。

しかし、自分がもっと評価されるはずだ!と思っていても、
ナルシストになってしまいます。

そうなると話が変わってくるため、私が医療系の方に言えることとしては
「目の前の患者に満足してもらう」ということに集中してみては如何でしょうか?