【やってみよう】足はやわらかい?すぐに試せる4つのチェック

足の柔軟性について

今から4つのチェックをしてみてください。



柔軟性チェック

かかと上げ・つま先立ち・つま先立ち(親指は足の裏に向かって曲げる)

ゴルフボールを足の裏で転がす

タオルを足で掴む

ボールを掴んで右から左へ移動させる



どうでしょうか?
4つのうちに「出来ない」は筋力が落ちている可能性があるため
筋力強化をしないといけません。


「痛い」は筋、腱に問題が起きているか起き始めている恐れはあります。
専門に相談してみることがおススメです。


この4つの評価はアメリカの整形外科フット・アンクル協会から
提唱されている柔軟性を保つための4つ。


出来ない人の理由


歩かない

靴のサイズが合っていない

靴のサイズは大丈夫だけど、数時間歩いたりすると
 足の裏の特定部分が痛む

スポーツ経験がない

スポーツ経験はあるが、過去に足首周りを傷めたことがある

家でスリッパや靴下を履く時間が長い

歩いていると何もないところで躓く


このうちにどれか一つでも当てはまっていると
足の柔軟性が落ちるきっかけは潜んでいます。



こんな問題点も考えなければなりません。


肌→問題なければ肌はスベスベ。角質や水疱などあると黄色信号

感覚→上記のチェックでボールを裏で転がしたりする際に、ボールの感覚が均等か?

痛みはないですよね?

バランス→片脚起立15秒。目を閉じて腕を横に上げます。



この4つも出来ないものが1つでもあれば、問題は起き始めています。


まとめ

どれか問題が起きていましたか?

問題が起きている場合、運動をしている人などは特に早急な改善をおススメします。

改善方法が知りたい方はお問合せください。