【症例問題】52歳男性の腕が痺れてしまう原因は?

今回はケースレポートから問題です。


今回は初期症状を治療した後に発生したトラブルに対処する例です。
整形外科ジャンルの症例ですので、ドシドシ考えてみてください!


症例は?

10年前に自動車事故に巻き込まれた後、重度の左前外側腕痛を訴えている52歳の男性です。
当時、彼は、開腹整復および内固定で治療された左中軸上腕骨骨折、ならびに右下肢に対する外傷性脳損傷および他の複数の損傷を受け、その結果、膝下切断が生じた。

過去数年間、彼は左腕の前外側にひどい痛みを感じていましたが、
痛みが弱まっているとのこと。

身体診察で、彼は外側上顆の近位〜8〜10 cmの上腕骨中央の前外側側面に沿って触診に対する局所的な優しさを示しています。
患者は完全に運動機能を持っていました、痛みによっていくらか制限されました、
そして、感覚は、橈骨神経分布の至るところで軽いタッチには変化しなかった。

フィルムおよびCTイメージングは、良好な位置に許容されるアライメントとハードウェアで治癒した骨折を示しています。
患者は、最大の圧痛のある部位でリドカイン注射を受けることを選択し、それは約1週間の間、一時的な痛みの軽減が見られました。
その時に得られた電気診断研究は、螺旋溝の上の慢性橈骨神経ニューロパチーを明らかにしました。



さて、どのような治療を行ったのでしょうか?



診断と治療

外科的リスク、利益および代替案が議論され、患者は左橈骨神経の神経溶解および減圧術を進めることを選択しました。

上腕骨への前外側アプローチを、最大の圧痛の点を中心とする切開と共に利用した。

解剖を上腕二頭筋まで行い、それを内側に引っ込めた。

次いで、上腕筋および上腕神経筋膜上の筋膜を切開し、これら2つの筋肉の間の平面を指で切開して鈍く発達させた。

次いで、橈骨神経を我々の視野の遠位部分で同定し、そして外側筋肉間中隔に近接してトレースした。

それが外側筋肉間中隔を突き刺したときに橈骨神経の有意な圧迫が近位に認められた。

異常な硬組織または線維組織は認められず、他の圧迫または癒着の部位も認められなかった。

神経を保護しながら圧迫中隔を解放し、創傷を洗浄して閉じた。

術後治療室では、患者は何年も前からあった深い痛みがなくなったことをすぐに感じることができると言いました。

術後10日目の来院時に、患者は術前の疼痛が橈骨神経分布における完全な運動機能および感覚機能の継続によって完全に消散したと報告したため、繰り返しの電気診断試験は行われなかった。

手術から4か月後の最近の経過観察で、患者は10点中0の痛みを報告し続け、痛みの軽減に続発する主観的機能の改善を述べています。


Jason Bowman、Bryan Curnutte、Kyle Andrews、Jacob Stirton、Nabil Ebraheim、Abdoul Azim Mustapha、橈骨神経圧迫の原因としての側方筋間中隔:症例報告および文献レビュー、Journal of Surgical Case Reports、Volume 2018、Issue 8、8月2018年、rjy226、https://doi.org/10.1093/jscr/rjy226


まとめ


骨折の処置を適切にやっていたけど、筋肉が神経を圧迫していた例です。

結果、患者の痛みの消失や機能改善が見られているようですので、
良かった良かったとなります。

私でいう柔道整復術で骨接ぎを行いますが、骨接ぎをした後は必ず専門医に受診するように指導されています。

仮に機能上、外見上で接いだように見えても神経や血管の損傷、軸のズレなどは目視で確認するには限界があるからです。

と言っても、私自身の経験では脱臼の再転位を行ったぐらいしか経験がなかったりします。

いざ接げと言われたら出来るのだろうか?と疑問を持ちながら記事を書いています。