器が大きな人間になれる心理学的な5つのテクニック

今回は自己の失敗を認めることに関する心理的分析です。

自分自身が犯すミス何て誰にでも起こり得ることです。
こうなった時にどういう対処をなさっていますか?

自分が失敗したことを認めますか?
それとも別の何かの所為にしますか?


これらのことは心理学的にも分析がなされておりまして、
大半の方は自己の失敗を認めることができないようです。

この認めるということは非常にスピードを持たないといけない時がほとんど。

でも、自分が失敗したことを認めるのは・・・
そんな風に難しさなどを感じる方もおられるかもしれません。

1つだけ言えるのは、自分の失敗を認められるようになることは、
社会的に自分の死角を減らすことができる!ということ。

ではその具体的な方法について、5つのポイントがあります。


5つのポイントとは?

カプラン博士は、私たち全員が独自の人間の自己反映能力を持って生まれたと言います。
したがって、私たち全員が私たちの過ちに対する責任を受け入れるのは私たちの内にあります。
時にはそのスキルが育てられなかったり、自我を守ることが最優先になるような環境で育ったりします。
それでも、練習すれば、自分が間違っていることを認めることができるようになります。


人間の状態に傾けなさい。
カプラン博士は、このマントラを採用し、過失を認めることに対して抵抗力があると思うときはそれを繰り返すことを勧めます。
「私は人間だから私は間違っていると認めることができます。」

内省的にしなさい。

あなたの欠陥のリストを作り、あなた自身に重要な内省的な質問をしなさい、とDr. Hafeezは言います。
「なぜ私は傷つきやすいのか」
「忍耐力があるのか​​」
怒りの問題があるのか」
「嫉妬深すぎるのか」
「不安なのか」
「利己的なのか」などの質問があります。

 「私の行動は、私が関心を持つ他の人々にどのような影響を与えましたか。」

フィードバックをお願いします。

「個人的にあなたの過ちについて説明責任を取るのが難しい場合は、支援的で、思いやりがあり、喜んで助けてくれる関係をあなたの人生に取り入れることが役に立つかもしれません」とカプラン博士は言います。

「自分自身をそれほど脆弱にすることは本当に大きな一歩のように思えるかもしれませんが、それがどのようにあなたが必要としている受け入れと深い感情的なつながりにあなたを開くことができるかを思い出してください。」

批評を受けてください。

「死角」の場合、またはあなたがあなたの不正行為に気付いていないとき、
彼らは欲求不満を表明するか、他の人の話を聞くことが重要です。

Hafeez博士は、「このスキルは感情を方程式から外し、シナリオを客観的に、そして他の人の観点から見ることを伴います」と述べています。

セラピストに参加する 

療法は個人の成長に向けてロケットとして機能することができます。

「通常、治療を受けたことのある人は内省的で、自分の弱点がどこにあるのか、そして自分の恐れが何であるかを理解するためにスキルセットを開発しました」とDr. Hafeezは言います。

このプロセスは、普通の人が自分では達成できないレベルの内観を促します。


もう一度

・人間なのだから間違いはあるということ
・自分の欠点を見つける
・親しい人に自分のことを聞く
・自分の失敗を人から見た時にどう捉えられるのか?
・認知する治療方法をセラピストと行う


まとめ


失敗を認めることを容認するためには、自己の失敗を許容するメンタリティが必要だということ。

自分がいかに完璧なのだ、失敗なんか恥だ、という考えでいると失敗した際にとんでもないことに巻き込まれることもあります。

特に、医療に置いての失敗というのは人の死に直結する場合もあります。

誤魔化しても嘘はバレてしまうもの。

これらの5つポイントを実践してみて、失敗を許容できるようになってみては如何でしょうか?

参考にした記事を全文読みたい方はコチラから(R)