【症例問題】68歳の男性が痛みを訴えています。

今回はケースレポートから症状を当ててみましょう!

今回の症例は画像をご覧くださり、どのような症例だったのか?

というのを想像してみてください。
これがわかれば、良い臨床家になれるかも??


症例は

以前にフィットし、元気な68歳の男性が、右股関節に6か月間の疼痛歴を示した。



さて診断してみましょう!!









では、答えになります。

診断編


調べたところ、これは骨の塊が触診される可能性がある股関節の上部領域に局在していた。
骨盤のレントゲン写真を撮って、右腸骨翅の骨性外骨腫症を示しました。
病巣をさらに特徴付けるために、骨盤磁気共鳴画像法(MRI)スキャンを実施した
外観は骨肉腫と一致しており、組織学的調査のために局所肉腫センターへの紹介が行われた。
驚くべきことに、生検からのサンプリングは浸潤性の高分化型腺癌を示した。
病期分類用コンピューター断層撮影(CT)スキャンでは腫瘍の主な発生源は明らかにされなかったが、下行結腸の肥厚が確認された
左鎖骨上、胸部、傍脊椎、後十字型および右鼠径部を含むリンパ節症。

肝臓、肺、または骨格の他の部分に腫瘍の証拠はありませんでした。
続いて、大腸内視鏡検査により、肥厚した病変が肝彎曲腺癌であると同定された
内視鏡検査時の生検では、股関節の病変が転移であることが明らかになりました。

Paul D. Nesbitt、Leanne Dupley、Paul Dunkow、S。Murugesan、「股関節の痛みの異常な原因Journal of Surgical Case Reports、第2016巻、第6号、2016年6月、rjw109、https://doi.org/10.1093 / jscr / rjw109

まとめ


当たりましたか?

ここまではっきりとわかれば病変も特定しやすいですが、診断しようとするとパッと見て見逃したりしますかね?

図1もわかりやすいかと思いまいしたので、今回は病名までは当てれなくとも腫瘍ということは見極めやすかったかと。