コンパートメント症候群に対処する7つの方法

今回は慢性労作性コンパートメント症候群の管理について。


慢性労作性コンパートメント症候群(CECS)は、特定のリスクのある集団において下肢および上肢の痛みを引き起こす診断不足の状態です。
下肢CECSの場合は、ランニング中のアスリートや行進中の軍人に見られます。
上肢CECSは、漕ぎ手やプロのバイクによく見られるものです。


外科的治療法


伝統的開放型筋膜切開術
CECSの外科的治療の主力は筋膜切開術。

内視鏡支援下コンパートメント解放
内視鏡的な低侵襲性のテクニックにより、小児科集団におけるスポーツ復帰率は全体で79.5%になりました。
しかしながら、治療を受けた足の18.8%が、
最初のコンパートメント解放後の中央値1~3年で再手術を必要とする再発性CECSを有していた。

単一の最小切開法
この手法では満足度は75.5%の患者で高かったが、
4人の神経損傷と8人の再発患者がいました。
単一の最小切開法は好ましい結果をもたらすように思われるが、
合併症の真の発生率および成功率を理解するためには、
より大きなサンプルおよびより多様な患者集団を用いたさらなる研究が必要である。


局所麻酔下の経皮筋膜切開術

臨床的に有意な疼痛の減少を示しているが、16人の患者のうち3人(18.8%)が表在性腓骨神経損傷を受けた。
彼らは診断を助けるために圧力を増加させ、前部コンパートメントの痛みを誘発するために前足上昇テストの使用を記述したので、彼らのプロトコルはほとんどの報告されたものと異なっていました。

超音波ガイド下筋膜切開
この術を受けた全患者が疼痛が軽減し、7人中6人が約35日で症状のない運動レベルに戻った。
出血または腓骨神経合併症はなかった。
内視鏡技術と同様に、超音波ガイド下筋膜切開術の結果と一般化可能性を理解するためには、さらなる研究が必要です。


非侵襲的な治療方法

テーピングは、低疾患の非手術的管理において人気が高まっています。
最近のデータは、疼痛および機能的活性の減少のために、内側脛骨ストレス症候群(「シンスプリント」)の管理においてkinesiotapingの役割があるかもしれないことを示している。

ボツリヌス毒素A注射(ボトックス)の使用は、
CECSの新規治療法として提案されている。
Isner-Horobeti et al は合計16人の患者にボトックスを注射し、9ヶ月までの間に区画内圧力の有意な減少を示した。
しかしながら、患者の69%が筋肉強度のいくらかの喪失を経験した。
彼らの報告された成功にもかかわらず、CECSの治療のためのボトックス注射の有効性をテストする他の研究はめったにありません。


まとめ


慢性労作性コンパートメント症候群自体、鑑別しなければならない疾患が多いため、
見逃されてはなりません。

研究者らは、好ましいのは筋膜切開による手術というように結論付けていましたが、
処置をする上で手術をしないテーピングなどの人気はあるようです。



・運動中に特定の場所、通常は局所的な区画で激しい痛みを訴える。

・感覚異常、しびれ、一過性の神経麻痺を経験した。

・この痛みは、運動強度と持続時間が増すにつれて予想以上に悪化します。

・悪化している活動を止めてから数分から数時間以内に症状は通常軽減された。

・通常、外傷または直接傷害の既往歴を否定します。

・典型的には、すぐに活動を再開した後、症状の再発を報告しています。

これらに当てはまる時は幾つもの疾患との鑑別が必要にはなりますが、
当てはまる際にはご注意を。

Buerba RA、Fretes NF、Devana SK、Beck JJ。慢性労作性コンパートメント症候群:現在の管理戦略 アクセスJスポーツメッドを開きます2019; 10:71〜79。2019年5月23日公開doi:10.2147 / OAJSM.S168368