Recommended articles

【まとめ】医療関係に就職したい人に勧める勉強本について

今回は今から医療関係の仕事を目指す人におススメする勉強本について これから勉強しよう!勉強している!という人におススメする勉強の時に使った本たちを教科別ごとに記事にしていましたので、まとめて紹介します。 基礎医学 ・ 解剖学 ・ 生理学 ...

不安症を解消する8つの補完的アプローチ。アナタならその中から何を選びますか?

今回は不安に対する補完医療について。


このブログは、医学と健康に関して後悔しないような選択肢をとってもらうために、 科学的根拠の高い論文などを紹介し、それをどう使っていくべきなのか?を私が解説・提案していくブログです。 メールアドレスでの登録も宜しくお願い致します。

不安を解消するために利用するべき?補完医療についてそれぞれの効果を科学的根拠があるのかを調査しているものをまとめて紹介します。


不安に対する鍼治療に関するいくつかの研究は肯定的な結果をもたらしているが、一般に、不安に対する鍼治療に関する研究の多くは方法論の質が劣っているか統計的に有意ではない。

さらに、研究は非常に多様であるため(例:経穴の数と種類、セッションの頻度、治療期間)、潜在的な利益について確固たる結論を引き出すことは困難です。

研究から得られた証拠は?


・2012年の32件の研究では、いくつかの肯定的な成果、一般的に貧弱な方法論を使用し、
アウトカム指標の広い範囲で組み合わせた品質、ポイントの数と種類、セッションの頻度、および治療期間から、確固たる結論を引き出すことが困難とされるものになりました。

・2014年の1034人の参加者を対象にした14件の研究のメタアナリシスでは、
手術前の不安を解消するための鍼治療は、プラセボまたは無治療のコントロールに統計学的に有意な効果の相対を持っていることがわかったが、サンプルサイズが小さかったです。

メタアナリシスは、鍼治療が術前の不安についてプラセボより優れている可能性を支持しています。

安全性

鍼治療は、一般的に滅菌済みの針を使用して経験豊富な開業医によって行われたときに安全と見なされています。

鍼治療に関連する重篤な有害事象の報告はまれですが、感染症や穿刺臓器が含まれます。


マッサージ療法


いくつかの研究では、マッサージ療法は癌や他の併存する病状を持つ人々の不安を軽減するのに役立ちました。

しかし、他の研究では統計的に有意な有益な効果は見られませんでした。
不安障害のためのマッサージに関する研究はほとんど行われておらず、結果は矛盾しています。

研究から得られた証拠は?


・乳がんを患っている950人の女性を対象とした18件のランダム化比較試験2014年の系統的レビューおよびメタアナリシスでは、不安に対するマッサージの有意な効果は見られませんでした。

・癌患者60人を対象とし2013年のランダム化比較試験で、周術期の痛みと血管アクセス器具の配置に対する不安に対するマッサージ療法が検討され、マッサージ療法と構造的注意の両方が術前不安の軽減に有益であることがわかりました。

・2012年の無作為化試験から152人を対象にしたレビューでは、
心臓手術の患者を対象にはマッサージ療法が大幅に心臓手術後の痛み、不安、そして筋肉の緊張と弛緩改善を減少させることを見出しました。

・満期妊娠の初産女性120人を対象とした2012年のランダム化比較試験からの知見は、マッサージが効果的な代替的介入であり、分娩中の痛みと不安を軽減することを示唆してい
る。

安全性


マッサージ療法は、それが適切に使用され訓練されたマッサージ専門家によって提供されれば、ほとんどリスクがないように見えます。


マインドフルネス瞑想


瞑想療法が一般的に使用されており、不安関連の症状を持つ人々のための小規模から中程度の利益のために示されています。

超越瞑想が不安に有益な効果をもたらす可能性があるといういくつかの証拠があります。
しかし、臨床的に診断された不安障害を有する患者における十分な統計的力を有する研究が不足しており、それは不安障害に対するその有効性についての確固たる結論を引き出すことを困難にしている。

研究から得られた証拠は?


・一般化不安障害の57人の参加者が参加し2017年のランダム化比較試験では、
マインドフルネス瞑想トレーニングが部分労働日数の大幅な減少と医療利用の減少に関連していることがわかりました。

・3,515人の参加者による47件の試験2014年の系統的レビューおよびメタアナリシスは、マインドフルネス瞑想プログラムが不安の改善の中程度の証拠を有することを見出した。

レビューアは臨床医が瞑想プログラムが心理的ストレスの複数の否定的な側面の小さいから中程度の減少をもたらすことができることを知っているべきであると結論を下しました。

・2012年の系統的レビューとメタアナリシスで行われた36件のランダム化比較試験のは、不安症状の軽減に瞑想療法のいくつかの有効性の証拠を発見しました。

しかし、分析に含まれるほとんどの研究は不安症状の改善のみを測定し、臨床的に診断された不安障害は測定しなかった。


・2件のランダム化比較試験2006年コクランレビュー(リンクは外部)では、少数の研究のために、不安障害に対する瞑想療法の有効性について結論を引き出すことはできないと結論付けた。

安全性


瞑想は一般的に健康な人にとって安全であると考えられています。

しかし、身体的な制限のある人々は、運動を含む特定の瞑想的慣習に参加できないかもしれません。


リラクゼーションテクニック


リラクゼーション法は、慢性的な医学的問題を抱えている人や医療処置を受けている人の不安を軽減する可能性があります。

しかし、一般的な不安障害を持つ個人に対する従来の心理療法は、リラクゼーション法よりも効果的である可能性があることが研究により示されています。

研究から得られた証拠は?


・全般性不安障害の2,132人の参加者を含む合計41の研究2014年のメタアナリシスは、認知行動療法が長期にわたる緩和技術より効果的であるといういくつかの兆候を見つけました。


・乳房生検を受けている236人の女性を対象とし2016年の無作為化試験では、補助的な自己催眠術による弛緩が処置の痛みと不安を軽減することがわかりました。


・炎症性腸疾患を有する39人の参加者を対象とした2012年の無作為化比較試験では、リラクゼーショントレーニングの介入を受けた人たちは、対照群と比較して不安レベルの統計的に有意な改善を示した。

安全性


リラクゼーション技術は一般的に健康な人にとって安全と考えられています。

身体的または精神的に深刻な健康上の問題を抱えている人は、リラクゼーションのテクニックについて医療提供者と話し合うべきです。


天然物


カモミール


カモミール抽出物が全般性不安障害に役立つ可能性があることを示唆するいくつかの研究がありますが、研究は予備的なものであり、それらの発見は決定的なものではありません。

研究から得られた証拠は?

深刻な全般性不安障害に中等度179人の参加者が関与する2016年のランダム比較化試験で、カミツレエキスは、8週間にわたって不安症状の臨床有意義な減少を生じていることが分かりました。


忍容性トライアルランダム化された全般性不安障害を軽度から中等度で57人の患者で行われた2009年の二重盲検試験では、
プラセボ対照の有効性とカミツレエキスのをカモミールは、全般性不安障害を軽度から中等度の患者のささやかな抗不安活性を有することを示唆しています。

安全性
カモミール製品を消費した、または接触したことのある人で、
稀なアナフィラキシーを含むアレルギー反応が報告されています。


ブタクサ、キク、マリーゴールド、デイジーなどの関連植物にアレルギーがある場合、人々はカモミールに対するアレルギー反応を経験する可能性が高くなります。

カモミールとシクロス​​ポリンおよびワルファリンとの間の相互作用が報告されており、そしてカモミールが他の薬物と同様に相互作用し得ると疑うべき理論的な理由がある。 


カバ


カバエキスは、不安症状に中程度の有益な効果をもたらす可能性があります。
しかしながら、カバサプリメントの使用は重度の肝障害の危険性と関連しています。

研究から得られた証拠は?


全般性不安障害を持つ75人の参加者が関与する2013無作為化比較試験では、
カバ抽出物は、全般性不安障害の治療のための適度に有効な短期的な選択肢であり得ると結論付けました。

うつ、不安、不眠のための漢方薬の2011年の66件の研究をレビューしたものによると、カバは、不安障害のために有益な効果を生み出すことがいくつかの証拠を発見しました。


・効果の大きさは小さいように見えるが、プラセボと比較してカバ抽出物は不安に対する効果的な対症療法である可能性があることが12のランダム化比較試験2003 Cochraneレビュー(リンクは外部)からわかった。

安全性


米国食品医薬品局によれば、カバサプリメントの使用は重度の肝障害のリスクと関連しています。


カバはいくつかのジストニア症例と関連しており、パーキンソン病に使用される薬を含むいくつかの薬と相互作用する可能性があります。


しかし、6週間にわたってカバ抽出物を投与された75人の参加者を対象とした2013年のランダム化比較試験では、肝機能検査に関してグループ間で有意差は見られず、カバ投与に伴う重大な副作用も認められませんでした。カバの長期安全性試験が必要である。


メラトニン


メラトニンが手術を受けようとしている患者の不安を軽減し、術前の不安を軽減するのにミダゾラムの標準治療と同じくらい効果的であることを示唆する研究がいくつかあります。

研究から得られた証拠は?


・手術を受けた80人の子供を対象とし2017年の無作為化試験では、
メラトニンが術前室および麻酔導入時の両方で子供の不安を軽減するのにミダゾラムと同じくらい効果的であることがわかりました。 

・774人の参加者が参加した12の研究2015 Cochraneレビュー(リンクは外部)は、前投薬として与えられたプラセボと比較してメラトニンが術前不安を減らし、術後不安を軽減しうる(手術後6時間)ことを見出しました。

レビューアは、メラトニンが術前不安の軽減においてミダゾラムによる標準治療と同等に効果的である可能性があることも見出しました。

安全性


メラトニンサプリメントは短期間使用しても安全であるようです。長期安全性についてはあまり知られていません。


ラベンダー

不安に対するラベンダー調製品に関するいくつかの研究はいくつかの治療効果を示しているが、一般に、これらの研究の多くは方法論的品質が低い。

研究から得られた証拠は?
不安症と診断された1165人の参加者から2017年の5つの研究のメタアナリシスでは、Silexan(ラベンダーオイル)が独立して診断の不安症状を改善するには、プラセボに対して有意に優れていることが判明しました。

この研究は、他のすべての診断と比較して、個別に一般化された不安障害患者を分析するときにより大きな臨床効果の傾向を見出しました。

・2012年の系統的レビュー、 15件のランダム化比較試験の方法論的には問題は何らかの結論が不安のためにラベンダーの有効性について描かれることができる範囲を制限することを結論付けました。

安全性


ラベンダーティーとエキスを口から摂取すると、頭痛、食欲の変化、便秘を引き起こすことがあります。


ラベンダーサプリメントを鎮静薬と一緒に使用すると、眠気が増すことがあります。



不安症を軽減するために色々と頼ってみても良いのかもしれませんが、
上記の方法からどのような手段を選びますか?

私が選ぶとしたらメラトニンを選択します。

手術を控えているわけではありませんが、術前の不安を解消する可能性があるメラトニンを摂取した方が良いのかな?とも思いましたので。