心理学を学ぶなら覚えていたい9つのリテラシー。

今回は心理学のリテラシーについて。

このブログでは医療関連だけではなく、健康に関連する心理学の知識を記事にすることがあります。

その心理学に基づいた知識は活用されていますか?

もし、活用されていないのであれば何故使わないのでしょうか?

以前に言われたことがあることとしては、心理学を使うと人を操るようになってしまうことにならないか?と。

正直、心理学に人を操る力があるか?と聞かれますと、
ある程度は。としか考えられません。

最終的に自己判断で決断を下しますが、それが心理学によるテクニックで誘導されたものなのか?ということを判別することは困難ではないでしょうか?

少なくとも心理学を人生に役に立てるのであれば、自分が実現したいことを手助けするツールとして使われることが望ましいのではないでしょうか?

それも人の人生に良い影響をもたらす方向だと。

では、どんなことを考え心理学を活用することが望ましいのか?
ということを教えてくれている論文からリテラシーの9つを紹介します。


心理的リテラシー

  1. 心理学の基本概念と原則を理解する
  2. 批判的に考える
  3. 問題解決のスキルがある
  4. 科学研究の実践を理解する
  5. さまざまな状況でうまくコミュニケーションする
  6. 個人的、社会的、または組織的な問題への心理的原則の適用
  7. 倫理的に行動する
  8. 文化的能力を持ち、多様性を尊重する
  9. 自己と他の意識と理解を持ちます


使い方


この9つで心理的要因と言えるのは1と6だそうです。

これらの中で特に「批判的な思考」というものが発達することが、
学ぶものとして好ましいと著者は述べます。

心理的リテラシーとは、メタリテラシーであると主張します。

それは、他の本質的なリテラシーを必要とし、取り入れている高次のリテラシーです。

それは読書、算数(統計)、科学的(方法論、生理学、生物学、神経科学)、情報とデータ、コンピューター、感情的知性、文化的、そして多文化の文学と心理学特有の知識の統合を含んでいます。

それらを踏まえ、情報と知識、技術をどのように使うのか?
ということをこれらの9つをベースにして頂くと良いそうです。

しかし、初めのうちは上手くいかないことも多いと思います。

情報というものは、知っているだけではどうにもならず、
使って試して、失敗したら何故?というところから検証しての繰り返しになります。

結局自分で考えないといけないのか~と思われたかもしれませんが、
人とのコミュニケーション、医療現場など私も携わる場面でこれらの知識を持って実践し、自分で使い方を検証しています。

使ってこそ。というもの。

マードックDD。心理的リテラシー:注意深く進め、先に進む。Psychol Res Behav Manag2016; 9:189-199。公開された2016年8月8日doi:10.2147 / PRBM.S88646

まとめ

人の心を研究する「心理学」のリテラシーは判って頂けましたでしょうか?

心理学で得られる知識は個人の幸福だけではなく、自分の周りも幸福にすることができます。

そして、使い方を誤った目的に使えばそうなることもあります。


このブログでは医療従事者として「患者」を優先とし、
最良の知識をお届けしています。

対患者とのコミュニケーションで困る、という方が心理学的な知識を持って、
コミュニケーションなどで活かして頂きたく思っています。