時間がなくてもできる!科学的な根拠もある不安症を軽減するモノとは?

今回は不安を解消するための方法について。

このブログは、医学と健康に関して後悔しないような選択肢をとってもらうために、 科学的根拠の高い論文などを紹介し、それをどう使っていくべきなのか?を私が解説・提案していくブログです。


不安症を取り除くためは心理学的なアプローチが選択されることもしばしばですが、

紹介する論文は、ある抽出物を使った介入方法。



資源や時間に制約があると、しばしば心理的介入などの不安の治療が不可能になります。

薬事においての抗不安薬は有効であるが、それらはしばしば有害事象を抱えている。


カバのエキスの厳密な臨床試験で報告されているように、
不安を治療するためのプラセボと比較して有効性と安全性を評価する研究となります。

対象となるのは、無作為化比較試験(RCT)、すなわち無作為化された世代の割り付けシーケンスを用いた試験、およびプラセボ対照および二重盲検、すなわち患者および医療提供者の盲検化を伴う試験である。

カバ抽出物を唯一の成分として含有する経口製剤(モノ製剤)を使用する試験が検討された。

カバ抽出物の単一成分を単独で使用し、カバ抽出物を併用製剤中のいくつかの活性成分の一つとして、または併用療法の一部として評価する試験は除外された。


データは、患者の特性、介入および結果に従って体系的に抽出されました。


すべての試験の方法論の質は、Jadadらによって開発された標準スコアシステムを使用して評価されました。


12の二重盲検RCT(n = 700)が選択基準を満たした。

メタ分析は、一般的な結果の尺度としてハミルトン不安(HAM-A)尺度の合計スコアを用いて7つの研究で行われた。


結果は、プラセボを投与されている患者と比較してカバ抽出物を投与されている患者におけるHAM-A合計スコアの減少に対して有意な効果を示唆している。
(加重平均差:3.9、95%信頼区間:0.1〜7.7; p = 0.05; n = 380)


メタアナリシスに提出されなかった5つの研究の結果は、これらの発見を大いに支持しています。

レビューされた試験で報告されているような有害事象は軽度、一過性および稀であった。
プラセボと比較して、カバエキスは不安に対する効果的な対症療法ですが、


現時点では効果の大きさは小さいようです。この効果は堅牢性に欠け、比較的小さなサンプルに基づいています。

レビューされた研究から入手可能なデータは、より多くの情報が必要ですが、カバは短期間の治療(1〜24週間)に対して比較的安全であることを示唆しています。



既存の不確実性を明らかにするためには、大規模なサンプルサイズを用いた厳密な試験が必要です。また、カバの長期安全性試験も必要です。

不安を治療するためのピットラーMH、エルンストE.カバ抽出物対プラセボ。系統的レビューのコクランデータベース2003年、第1号。番号:CD003383。DOI:10.1002 / 14651858.CD003383。

プラセボらと比較しても有意となるこの結果からは、
常用しても良いのかもしれませんが、長期的な使用による影響は研究結果からはわかっていませんので、おススメはしません。

使用用途として、普段からも良いと思いますが、心理的なアプローチが難しい、時間の制約があるという人も気軽に使えることから安易に不安を軽減できるという点では試してみようと思ったもの。

健康や社会面、経済面などの不安が絶えない現状ですが、
こういったリスクが少ないものに頼ってみてもよいのかと。


カバエキスはネットでも注文できるようでしたので、気になられるものをアロマでやってみるなどされてみてください。

研究の内容とは反するカバエキス配合の化粧品などはまた別物と捉えますので、
ご使用されるときはリラックスを存分に満喫してみてください。


別の研究でラベンダー抽出物は腰痛に効果があって、
カバエキスは不安を軽減できるならば、組み合わせが可能ならば試してみようかと。