【カロリー】加工の仕方で同じカロリーでも体重が増える?

今回紹介するのは、加工食品と健康の安全性についてです。


米国国立衛生研究所の調査結果によると、
超加工食品を食べる人は、あまり加工していない加工食を食べたときよりも多くのカロリーを食べ、体重が増えていました。

今から超加工食という言葉がたくさん出てきますが、
加工し過ぎている食品類をイメージされてください。
マ〇ド〇〇〇のハ〇バ〇ガ〇とかですかね。

超加工食と最小の加工食の両方でボランティアに提供された食事が同じ数のカロリーと主要栄養素を持っていたとしても、違いは生じました。

へぇ~となるような結果ですね。
イメージはしやすいので、加工していると悪いのは判りますよね?


NIHの国立糖尿病消化器病研究所(NIDDK)の研究者によって行われた研究です。

研究の内容は


20人の成人に対して行われたこの小規模研究は、
NOVA分類システムによって定義された超加工食品の効果を調べるための無作為化比較試験。
このシステムでは、硬化油、高フルクトースコーンシロップ、香味料、乳化剤などの工業用食品製造で主に使用されている成分がある場合、
その食品は「超加工」と見なされます。

多数の人々を対象とした以前の観察研究では、
加工食品が多い食事と健康問題の間の関連性が示されていました。

しかし、過去の研究のどれもが特定の食品を食べるように人々を無作為に割り当てて結果を測定しなかったので、
科学者たちは加工食品の問題だったのか、
生鮮食品へのアクセスの欠如などの点からその関連性は根拠が高いものではありません。

NIDDKの主任研究者であり、この研究の主執筆者であるKevin D. Hall博士は、
次のように述べています。

「これは因果関係を実証する最初の研究です。
 超加工食品は人々があまりにも多くのカロリーを食べて体重を増やすことを引き起こします。」

研究のために男性10人と女性10人の健康な成人ボランティア20 人を1ヶ月間連続してNIH臨床センター入院させ、超加工食品で作られた食事を提供した。

超加工食品で構成された朝食はクリームチーズと七面鳥のベーコンのベーグルで構成され、加工されていない食品の朝食はバナナ、クルミ、スキムミルクの入ったオートミールでした。
超加工および未加工の食事は、同量のカロリー、糖、繊維、脂肪、および炭水化物を含み、参加者は必要に応じてできるだけ多くまたは少しだけ食べることができた。

「食行動に影響を及ぼし、それらが体重をやすように導いたかを理解する必要があります」
とHall氏は言いました。
「次のステップは、変更によってカロリー摂取量や体重への食事効果が消失するかどうかを確認するために、再加工超加工食を使って同様の研究をデザインすることです。」

例えば、この研究における超加工食と未加工食の間のタンパク質レベルのわずかな違いは、カロリー摂取量の違いの半分を潜在的に説明することができました。
「時間が経つにつれて、余分なカロリーが増え、その余分なカロリーが深刻な健康状態につながる可能性があります」と、NIDDKのGriffin P. Rodgers医学博士は述べています。

この研究が未加工食品の利点を強化する一方で、
研究者たちは超加工食品は制限するのが難しいかもしれないと指摘します。

「加工の少ない食品を作るにはもっと時間とお金がかかることに注意しなければなりません」とHall氏は言います。
「単に健康的な食事をするように言うだけでは、健康的な食品へのアクセスが改善されない限り、一部の人々にとって効果的ではないかもしれません。」
出典:研究への支援は主にNIDDKの学内研究部門からです。


つまりは?

食品が売られているお店を想像してみてください。

現状、大量生産ができるものは物価が安く設定されており、
手が掛かった自然派なものは高めな金額になっています。

経済状況や嗜好などにより、必ずしも自然な食品に手を出すか?というと
そうではないこともあります。


しかし

限りなく規模が小さい研究なので、へぇ~ぐらいなお気持ちで知っていてください。