【影響力】自殺率が増加したドラマが放送されていた。

今回はドラマと自殺率が関連している?という話を紹介します。


ある調査によると、Netflixの番組「13の理由」は、
番組発表後の2017年4月に、米国の10〜17歳の若者の自殺率が28.9%増加したことに関連してるという調査結果があります。

これは、アメリカの子供と青年期精神医学アカデミーのジャーナルに発表されました

調査結果は、ポピュラーエンターテイメントやメディアで自殺を描写するときにベストプラクティスを使用する必要性を強調しています。
※ベストプラクティスとは?
 ある結果を得るのに最も効率のよい技法、手法、プロセス、活動などのこと。

この研究は、いくつかの大学、病院、および国立衛生研究所の一部である国立精神衛生研究所(NIMH)の研究者によって行われました。NIMHはまた研究に資金を供給しています。

研究の内容は?


2017年4月に記録された自殺による死亡者数は、
研究者らが調査した5年間の中から1ヶ月間に見られた数よりも多かった。

研究者が性別によってデータを分析したとき、
彼らは自殺率の増加が主に若い男性における自殺の大幅な増加していることが発見されました。
番組の発表後、女性の自殺率は増加したがその増加は統計的に有意ではなかった。  

NIMH学内研究プログラムの臨床科学者であるMPHの研究著者、Lisa Horowitz博士は、次のように述べています。

「メディアを含むすべての分野は、公衆衛生の危機と交差するトピックについて建設的かつ思慮深くなるように細心の注意を払う必要があります。」

「13 Reason Why」は、自分を殺して、自分の人生を終わらせることを選んだ理由を詳しく述べており、13本のテープを残した少女の物語を伝える物語です。

この番組は高い評価を受けていますが、
番組の自殺描写がそれを見ている若者にどのような影響を与えるかについても疑問を投げかけています。
このシリーズは2017年3月31日にNetflixで初演されました。

自殺率に対する「13の理由」の影響をよりよく理解するために、研究者は疾病管理予防センターのオンライン上のデータベースからの自殺による死亡に関する年次および月次データを分析しています。


これらのデータには、2013年1月1日から2017年12月31日の間に発生した10〜64歳の個人の死亡に関する情報が含まれていました。

これは、この番組が放送された前後の期間が含まれています。(リンクは外部)


自殺について話し合い、スクリーン上に描写するためのベストプラクティスを作成する。

メディアは使用される自殺方法を描写することを避けるべきです。

メディアは、困っている人が利用可能である援助がある。というメッセージを伝え、
人々がどのように助けを求めることができるかについての正確な情報を含むように促されるべきです。

研究者らは、「13の理由」が発表された後の期間の自殺率が、
自殺者数および過去に観察された傾向に基づいて予想されるよりも大きいかどうかを調べた。

結果

研究者らは、10〜17歳の自殺率は、過去のデータに基づいて予想されたよりも、
2017年4月、6月、および12月の月の間に有意に高いことを見出しました。

この増加は、2017年4月1日から2017年12月31日までの間にさらに195人の自殺死亡が推定されることになりました。

「13理由」の発表前の月である2017年3月の自殺率も予想を上回りました。

研究者たちは、この番組は3月中に非常に宣伝され、
予告編を通して観客にその番組の前提と内容を公開したと述べています。

比較として、研究者たちはまた、同期間中の殺人による死亡を分析し、
番組の発表後の他の世界的な社会的または環境的出来事が自殺率に影響を与えた可能性があるかどうかを評価しています。

殺人率は、自殺率と同じ社会的および環境的要因のいくつかによって影響を受ける可能性があります。

研究者たちは番組の発表後に殺人率に大きな変化は見られなかった。

関心のある期間中の殺人率の変化の欠如は、自殺率の変化が番組の影響を受けており、
この期間中に発生した他の環境的または社会的要因ではないという考えにある程度の強さを与える。 
この研究の調査結果は、若者がしてしまう自殺が大衆的娯楽やメディアで描かれている方法に特に敏感であるかもしれないことを示唆している。

この結果には、説得力がありますがこの研究にはいくつかの制限がありました。

例えば、この研究では準実験的デザインを使用した。
これは、研究者が「13の理由」の公表と自殺率の観察された変化との間に因果関係を結び付けることができないことを意味する。
したがって、この期間中に未測定の出来事や要因が自殺率に影響を与えた可能性を排除することはできません。

2018年5月にリリースされた「13 Reasons Why」のセカンドシーズン、
および現在シーズン中の3シーズン目は今年中にリリースされる予定です。

この調査の結果は、自殺の描写が意図しない影響を与える可能性があることに留意するためのリマインダとして、
またこのトピックに取り組むときに娯楽業界とメディアにベストプラクティスを使用するよう呼びかけることとして役立つはずです。

出典元:Bridge、JA、温室、JB、Ruch、D、Stevens、J。、Ackerman、J、Sheftall、AH、Horowitz、LM、Kelleher、KJ、およびCampo、JV(印刷中)。Netflixの13の理由の発表と米国における自殺率との関連中断した時系列分析 アメリカ小児青年精神医学アカデミー

まとめ


非常にショッキングな調査でした。

メディアが人に与える影響というものはとても強く、
その内容が具体的であればあるほど行動に移してしまう可能性はあります。

最近では、こういった事件や事故が相次いで報道されていますが、
少なくとも私には関係ない、など思っておられる人が多いのかと思います。

実際は関係はないので、具体的に行動が変わるか?というと、
そんなに影響はなさそうに思えますが、情緒不安定になっている時などもあります。

私自身、神経症的傾向があるのでBAD NEWSはあまり好きではなく、
警鐘のために報道しているのであろうメディアにもうんざりしています。

この記事を読んで頂いた方は、メディアの捉え方について考えていただくきっかけになればと思って書いています。