知らなかったバチルスコアグランスの利点と欠点

今回はバチルスコアグランスについて。

このブログは、医学と健康に関して後悔しないような選択肢をとってもらうために、 科学的根拠の高い論文などを紹介し、それをどう使っていくべきなのか?を私が解説・提案していくブログです。

Bacillus coagulansは細菌の一種です。

それは乳酸菌や他のプロバイオティクスと同様に「有益な」バクテリアとして使われています。

下痢のためにBacillus coagulansを服用します。

子供のロタウイルス性下痢などの感染性の種類も含まれます。

Bacillus coagulansは、

・一般的な消化の問題
・過敏性腸症候群(IBS)
・炎症性腸疾患(IBD、クローン病、潰瘍性大腸炎)
・クロストリジウムディフィシル大腸炎と呼ばれる腸疾患、腸内での「悪い」細菌の過剰増殖にも使用されます。

潰瘍を引き起こす細菌ヘリコバクターピロリによる感染。

何人かの人々は呼吸器感染症を防ぎ、免疫システムを強化するためにBacillus coagulansを使います。

それはまた癌または癌を引き起こす物質の形成を予防するためにも使用されます。

それらの有効性を改善するためのワクチンへの添加剤としてそれを使用することへのいくらかの興味もある。


Bacillus coagulansは乳酸を生産し、その結果乳酸菌のような乳酸菌として誤分類されます。

実際、バチルス・コアギュランスを含むいくつかの市販製品は、ラクトバチルス・スポロゲネスまたは「芽胞形成乳酸菌」として市販されている。

乳酸菌やビフィズス菌などの乳酸菌とは異なり、バチルス・コアギュランスは胞子と呼ばれる生殖構造を形成します。

胞子は、実際には乳酸菌とは別にBacillus coagulansに語る際の重要な要素です。


◎科学的な研究結果による効果の証拠とは?



◎研究結果からしても不十分な証拠となる効果は?

・下痢

子供のウイルス性下痢、旅行者の下痢、抗生物質による下痢を含みます。

腸内細菌の増殖初期の証拠は、Bacillus coagulansとフルクトオリゴ糖を含む特定のプロバイオティクス製品(Lactol、Bioplus Life Sciences Pvt。Ltd.、インド)を1ヶ月に15日間、6ヶ月間1日に2回使用すると、胃痛とガスをわずかに減少させることが期待されています。


・ヘリコバクターピロリ感染

これは胃潰瘍を引き起こします。


・炎症性腸疾患(IBD、クローン病、潰瘍性大腸炎)。

その有効性を改善するためにワクチンに添加される薬剤として



・がんの予防
・クロストリジウム・ディフィシル大腸炎
・消化の問題
・免疫システム強化
・過敏性腸症候群(IBS)
・呼吸器感染症

これらの用途に対してBacillus coagulansを評価するには、さらなる証拠が必要です。信頼できる研究は人々の中で行われていません。



◎バチルスコアグランスは人体にどのように働きますか?

Bacillus coagulansが医療目的でどのように機能するのかを知るのに十分な情報はありません。

動物を対象としたいくつかの研究では、Bacillus coagulansが免疫系機能を高め有害な細菌を減らす可能性があることが示されています。



◎安全上の問題はありますか?


Bacillus coagulansは口から摂取したときに安全であることわかっています

ある研究では、Bacillus coagulansは6ヶ月までの間成人が安全に使用できることを示しています。


◎特別な注意と警告:

・妊娠と授乳

妊娠中または授乳中の女性は安全な側にとどまり、Bacillus coagulansの使用を避けるべきです。

・薬との相互作用はありますか?

抗生物質薬
抗生物質は体内の有害なバクテリアを減らすのに使われます。

抗生物質は体内の他の細菌も減らすことができます。
Bacillus coagulansと一緒に抗生物質を服用すると、Bacillus coagulansの潜在的な利益が減少する可能性があります。

この潜在的な相互作用を避けるために、抗生物質の少なくとも2時間前後にBacillus coagulans製品を服用してください。


・免疫系を低下させる薬(免疫抑制剤)

Bacillus coagulansは免疫系の活性を高めるかもしれません。

免疫系の活性を低下させる薬と一緒にBacillus coagulansを服用すると、これらの薬の効果が低下する可能性があります。


・ハーブやサプリメントとの相互作用はありますか?

ハーブやサプリメントとの相互作用は知られていません。

・食品との相互作用はありますか?

食品との相互作用は知られていません。


・どのくらいの量が使われますか?
バチルコアグランスについては、適切な摂取量というものは科学的な実験からも判明しておりません。


全文読みたい方はコチラから(L)