脳科学からみる人の魅力とは?

今回は「人が感じる魅力とは?」

人のどんなところに魅力を感じますか?

また、魅力的に見られるために何か対策をされていますか?

日頃から情報が交錯するなか、しっかりと研究されている論文から根拠性のある「魅力」について紹介します。


魅力とは?

男性と女性は、何万もの先史時代に磨かれた繁殖成功のための異なる戦略を持っています。

女性は自分の子供に良い遺伝子と同様に物質的な資源を貢献するパートナーを求めて男性を探し、男性は良い遺伝子を持つ1人以上の女性のパートナーを求めます。

それぞれの性別の戦略には、彼または彼女が価値があることを証明するために、同性の潜在的な仲間への広告掲載、および同性の競合メンバーへの広告掲載が含まれます。

これらの特徴の表示は「魅力」または「美」と呼ばれます。


魅力の普遍性

魅力の評価は、男女間、他人同士とでも驚くほど似ています。

919の研究と15,000人を超えるオブザーバーを対象としたメタアナリシスは、文化の中でも文化の間でも、魅力的に感じるという共通項があると報告している

男性と女性だけでなくすべての年齢の人々は誰が魅力的であるかについて同意します。

これは、肉体的魅力の判断が人間の遺伝学に固執していることを強く示唆しており、
おそらく私たちの進化の初期の段階で修正されています。

これらの評価ツールは、人の発育段階で早期に使用されています。

6ヵ月の乳児は、大人によって魅力的であると判断された顔をより長く注視し、
魅力的ではないと判断された顔を見るのにより短い時間を費やしました


成功する要因である魅力

魅力の判断は、それが人の健康とフィットネスの合図であり、
良い遺伝子を寄付し、子供を育てることができることを示します。

魅力は仲間の中で誰が好みの選択をするかの最も重要な予測因子です

事実、現代の世界では、肉体的魅力は生殖成功と密接に関連しています

良い遺伝物質だけでなく資源も提供する男性のパートナーを選ぶ女性は、
そのようなサポートのない女性よりも平均して成功するでしょう

これは、魅力性魅力性を正確に検出する能力が進化的な選択圧力の下にあることを意味します
したがって、脳が年齢、健康状態、生殖能力などの魅力特性を正確に評価するためのシステムが備わっている。ということ。


魅力の生理学

性ホルモンのテストステロン、エストロゲンは、
主に魅力を定義する身体的および顔の特徴を担い、
またこれらの特徴を検出し評価するために脳を再形成します。

思春期の始まりはホルモンレベルを上げ、男性と女性の体を再形成します。
男性は肩と腰の比率が上がり、ひげが大きくなり、顎の線がはっきりします。
女性の場合、乳房が発達し、腰と腰の比が大きくなり、顎と顔の特徴が柔らかくなります
脳のいくつかの領域は、エストロゲン/プロゲステロン受容体またはアンドロゲン受容体のいずれかを発現し、したがって、脳の構造および反応は、思春期から始まる男性と女性の異なる発達上の上にあるということ

女性は男性の顔の特徴に非常によく適応しているので、
単に彼らの写真を見ることによって、彼らは彼らの唾液テストステロンレベルに基づいて男性のグループを正しくランク付けすることができます

興味深いことに、女性は不倫のために高いテストステロンを持つ男性を好む傾向がありますが、彼女は長期的な仲間のために少し少ないテストステロンを好む傾向に。
つまり、結婚となるとテストステロン値の低い顔を選ぶということ。

一方、エストロゲンは女性の美しさを表しています
男性と女性のパネルは女性化さ​​れた特徴を誇張するために変形された女性の顔を見せられました、そして、男性と女性の95%は女性の顔の女性化が彼らをより魅力的にすると決めました。
同じ結果が、ヨーロッパ人、アフリカ人、アジア人の子孫の顔にも見られました
別の研究では、エストロゲンは毎月のサイクルの間に女性で測定されました。
男性も他の女性も彼らの魅力を評価した。
より高いエストロゲンレベルを有する女性は、女性らしさ、魅力および健康についてより高い評価を得た。

興味深いことに、女性がバッチリメイクをしていると、相関関係は消えました。
これは化粧が低いエストロゲンレベル補うということを示唆しています


魅力のヒント

皮膚の色調の変動にもかかわらず、皮膚の色の均一性を調べ、
すべての培養物中の増加魅力と健康の外観と相関していることがわかりました

頬のトリミングされた画像を見る人は、肌の色合いの均一性に基づいて年齢を正確に判断することができました

白人の間では、男性は女性の顔の赤の色調が健康のしるしと見なされるため、
真っ白よりも赤ら顔の方が魅力的であると感じています。

女性にとって、赤ら顔はエストラジオールのレベルを示し、
顔の色は男性に受胎能に関する手がかりを与えるかもしれません

ほっぺのチークなどを指しているようです。

顔の色のグラデーションも重要です。
年齢とともに肌の色が濃くなるにつれて、髪、目、顔の肌の間の色のコントラストが低下するためです

これは、白人、中国人、ラテンアメリカ人、南アフリカ人を含む多くの民族グループの間で一貫した発見であり、しわは年齢と日光への曝露とともに増加し、年齢を判断するための強力なシグナルです
加齢による皮膚の変色は健康の喪失と解釈され、
しわは年齢の徴候および受胎能の喪失として認識されます

魅力的だと感じる人の特徴は、部分的には、より強いまたはより柔らかい顎およびより大きなまたはより小さな目の形など、性ホルモンによって形作られています

対照的に、耳と鼻の目立つことは美しさの合図ではありません。

なぜなら残りの顔に対すると鼻の両方の長さは年齢とともに増加し続けるからです。


間違った魅力

世界中の女性が自分の容姿を変えるために化粧をしています。
特に顔が化粧なしで初めて見られた場合、脳による顔認識は化粧によってより困難になります

メーキャップの適用は、魅力の知覚に対する変動するエストロゲンレベルの影響を克服します
髪の色を暗くして肌の色を明るくすることによって、化粧品はコントラストを高めることによってこの老化の兆候に対抗するために使用されます

化粧品は肌の色合いも均一にし、化粧をした顔と化粧をしていない顔の両方の写真を見せた人々にとって、目の凝視回数と滞留時間は肌の色の均一性と正の相関がありました

全体的に見て、化粧は女性の知覚年齢を低下させ、女性が年をとるほど知覚年齢の低下は大きくなります

化粧の使用は好感度、能力および信頼性、ならびに優位性および名声の認識の増加をもたらすので、これは重大な社会的利益を有する

アイメイクは女性の目の大きさの外観を大きくし、男性と女性の両方によって判断されるように魅力に最も大きな影響を及ぼします

観察者はアイメイクをしていない女性よりもアイメイクをしている女性の目を40%長く見て、顔の残りの部分を埋め合わせると、目への注意が80%増加した

口紅は、サイズの見栄えをよくし、唇の形を強調し、人々が唇を見るのに費やす時間を26%増加させます

化粧品による詐欺は、測定可能な経済的影響をもたらします。

フレンチレストランの男性客は、化粧をしているウェイトレスに頻繁に声を掛け、
化粧をしていないウェイトレスよりも多くの注文をとり売り上げを上げました

男性と女性の両方の顧客が化粧をしたときにウェイトレスがより魅力的であると考えていたにもかかわらず、女性客にこれは当てはまらなかった

マクロ経済学の理論では、口紅効果(最初は化粧品大手のLeonard Lauderによって処方された)は、女性が損失を補ってより競争の激しい環境で見栄えの優位性を高めるために小さな喜びを求めるため、景気後退時の口紅の売上の増加です。

過去50年間の景気後退のレビューでは、景気後退の間、女性は外観を向上させる製品の購入を増やす一方で、外観を向上させない製品の購入を減らす傾向があることを確認しました。


まとめ

魅力を出すために顔の印象という点でしたら、

・目
・口

ということ。

目の場合ですと、白目の部分の白さが健康さを判断する基準となります。
つまり、女性のメイクはコントラストの関係で白く見えやすくなったりすることもその効果を高めているようです。

口の場合は色、大きさというところ。

肌の色はきれいな肌の色でも良いのですが、女性の場合ですと頬がほんのりピンクは魅力が向上するようです。

他にはウェストや足に関することも記述されていましたが、
顔に限定するとこのようなものでした。

是非ご参考に。

ヤロシュDB。知覚と詐欺人間の美と脳 Behavサイエンス(バーゼル)2019; 9(4):34。2019年3月29日公開。doi:10.3390 / bs9040034