【猛暑ですし】旅行中も安心する下痢に対する治療について

今回は旅行中に起きる下痢の治療について

旅行中の下痢は、国際的な境界を越える人によく見られる症候群です。

下痢は旅行計画に重大な不快感や干渉をもたらす可能性があります。

細菌性病原体はこの症候群の頻繁な原因です。

いくつかの抗生物質は、病気の期間と重症度を減らす効果をテストされています。

研究の内容は?

5歳以上の旅行者が抗血栓薬による急性の非血性下痢の治療に無作為に割り付けられ、
原因となる生物が割り振り時に知られていないあらゆる言語でのすべての試験を対象にしました。

20件の研究は、選択基準および選択基準の品質基準を満たしていた。
12件の試験はプラセボ対照試験でした。

主な結果のメタアナリシスは実現不可能でした。
10件の試験のすべてが、プラセボと比較して抗生物質で治療された参加者における下痢の期間の有意な減少を報告しました。

2つの試験からのデータは、無作為化から72時間までの各24時間あたりに通過した未形成便の数における抗生物質治療患者のわずかな減少を示した。

6件の試験のデータから、72時間までに多数の参加者が下痢を治癒したことが示された。(オッズ比5.90、95%信頼区間4.06〜8.57)
副作用に関するデータは5つの試験から得られた。
さまざまな試験で報告されている副作用の有病率にはさまざまなばらつきがありました。
抗生物質を服用している人は、プラセボを服用している人よりも多くの副作用を経験しました。(オッズ比2.37、95%信頼区間1.50〜3.75)

結論は?

抗生物質治療は下痢の期間がより短くなりますが、副作用の発生率がより高くなります。

臨床試験では一般に治療後の下痢の期間を事象までの時間分析で報告していないため、報告するべきです。

de Bruyn G、Hahn S、Borwick A.旅行者の下痢に対する抗生物質治療。系統的レビューのコクランデータベース2000、第3号。番号:CD002242。DOI:10.1002 / 14651858.CD002242。

まとめ 

旅行中の下痢は細菌感染性によるものが多いと考えられています。

特に猛暑になる季節には頻繁に起こりそうなものですね。

そんな時に抗生物質は役に立つ効果が得られるようですが、軽度の副作用も出てくるようです。

どう捉えるかは個人の判断もありますが、下痢は困るので副作用があっても飲む!という選択を私だったらしてしまいそうです。