【二重盲検試験の結果】筋緊張性疾患の治療について

今回は筋肉の緊張障害を治療する薬物について

筋肉の緊張が連続的に起こる症状がありますが、
それを緩和するための薬物療法の科学的な結論は?

ということに対して実験されている研究結果を紹介します。

研究の内容は?

二重盲検または一重盲検のクロスオーバー試験には合計143人が参加し、そのうち113筋緊張性異栄養症1人、30人が先天性筋緊張症でした。

試験は質が悪く、十分なデータを提供していませんでした。

休薬期間のない2件の小規模クロスオーバー試験では、筋緊張性ジストロフィにおけるイミプラミンとタウリンの有意な効果が示されました。

洗い流し期間を用いた1件の小規模クロスオーバー試験で、筋緊張性ジストロフィーにおけるクロミプラミンの有意な効果が示されました。

メタ分析は不可能でした。

結論は?


質の高いデータが不十分であり、無作為化試験が行われていないため、筋緊張症の治療において薬物治療が安全かつ効果的であるかどうかを判断することは不可能です。筋緊張症に対する薬物治療の有効性と忍容性を評価するには、大規模でよくデザインされた無作為化比較試験が必要です。

まとめ 

結論からは確実な報告はできない。という状況でした。

筋緊張症は、収縮後の筋肉の弛緩に異常な遅延が起きる症状です。

それは筋緊張性障害と呼ばれる多くの筋肉疾患の重要な症状です。

軽度または重度の場合があり、ウォーキング、階段を上る、まぶたの開閉などの日常的な活動を妨げます。

それは休憩の後で悪化したり、寒さや疲労によって引き起こされる可能性があります。

軽度の筋緊張症の人は薬を使わなくても自分の病気を管理できますが、重症の場合は通常治療が必要な疾患です。

おや?と思った時は専門に相談を。