セルライトの治療について。報告されている研究をまとめた論文からご紹介。

今回はセルライトの治療について

セルライトは、思春期後の女性の80〜90%に存在する多因子性の症状であり、
審美的な問題として解決したい!という女性の意見が多い問題の1つです。

セルライトの病態生理学にはいくつかの理論があり、
局所治療から機械的またはエネルギーベースの装置まで、
多くの異なる治療法が開発されてきています。

今回はそれらの成果がどのような報告があるのか?をまとめている
論文の結論を紹介します。


それぞれの治療法と結果


外用剤

積極的なマッサージと組み合わせた局所薬は、
セルライトを治療するための最も初期の試みでした。

これらの局所薬は有望なデータを含む査読付きの出版物がいくつかありますが、
研究は小規模で長期の追跡調査は行われていません。

特定の製剤はコラーゲン産生を改善し、皮膚の弛緩を減少させることができるが、それらは広範な脂肪、コラーゲン、および結合組織のリモデリングを必要とするセルライトに対してめったに効果的ではないということしか言えません。

無線周波数

RF装置は電極を介して真皮/皮下平面に熱エネルギーを供給します。
標的領域の組織温度を上昇させることによって、コラーゲン変性、リモデリングおよび新形成が刺激されるが、脂肪分解も引き起こされるため、セルライト除去に使用されています。

これら最新世代のRF装置が研究され、セルライトの出現を減少させるために臨床試験において有効であることが示されています。
Luebberdingら、2015年Romeroら、2008年Sadick、2009年SadickおよびMagro、2007年SadickおよびMulholland、2004Wanitphakdeedechaら、2017

セルライトを持つ16人の被験者がVelaSmoothシステムで6週間、週2回6週間治療されたSadick and Magro(2007)による研究では、
50%を超える被験者で大腿部円周が71.87%減少し、セルライトが25%改善した。
また別の研究では、セルライトを有する35人の女性被験者がVelaSmooth装置を用いて週に2回8〜16回の治療を受けた別の研究では、患者の70%が4週間の治療後に大腿周囲の縮小を示し、100%の患者がある程度の改善を示した。

良い結果ですが、サンプル数が少ないので根拠性は高くはありません。

レーザー治療
57人の患者が1440 nmのNd:YAGレーザーを側面照射ファイバーと温度感知カニューレで用いて3段階セルライト治療を受けた多施設臨床試験では、平均改善スコアはディンプルで1.7、輪郭不規則性で1.1であった。
 6ヶ月の追跡調査で。6点満点で平均満足度スコアは医師が5.6、患者が5.3でした。
治療成果は患者にとって十分に許容されたものと報告されています。

超音波療法

15人の個人におけるESWTの有効性を評価し、そして4週間の間に8つのセッションが行われました。
ESWTは治療3か月後にセルライトの出現と同様に体の輪郭の改善(すなわち、円周と脂肪層の減少)に有効であると結論を下しました。

また最近6週間にわたって12のセッションを受けた30人の女性のセルライトの治療におけるESWTの有効性を評価しました。
治療は、最後の治療セッション(重度のセルライトを有する対象:60%〜38%)の12週間後まで、セルライトの重症度をベースラインから減少させ、皮下脂肪組織の平均厚さは減少した。
(28.3±6.5mm〜26.7±6.1mm; 2。p<.001)
の治療によって患者の生活の質も向上し、重大な有害事象は報告されませんでした

細分化


セルライトの治療のために手動のサブシジョンもまた評価されています。
この手順の間、局所麻酔薬(リドカインを含む血管収縮薬)で麻痺させ、
針(18 G)を皮膚の下に挿入し、そして扇形のテクニックを用いてセルライトの繊維紐を解放する。
有効ではあるが、この治療の主な欠点は、浮腫、不快感、痛み、およびあざを含む副作用である。(Hexcel and Mazzuco、2000)

昨今、新規の組織安定化誘導補助(TS − GS)システム(Cellfina System;ノースカロライナ州ローリーのMerz North America、Inc。)が開発され、成人女性の臀部および大腿部におけるセルライトの改善についてFDAが承認した。
Cellfinaの伝統的な針による手動切開術に対する利点は、治療の深さと組織の面積(線維性中隔)の正確な制御、そして独自の真空補助設計です。
Cellfinaは多施設臨床試験でセルライトを改善することが示されており、その結果は3年を超えて持続しています。Kaminer et al。、2017

最新の臨床試験では、TS-GSシステムを使用して1回の治療を受けた後、
45人の被験者が3年間までの長期間追跡されました。
この試験の結果は、TS-GSに続くセルライトの出現の長期的な減少が見られています。


結論

セルライトを治療しようとする複数の治療アプローチにもかかわらず、成功した長期的な証明された手順はありません。局所用薬剤、注射治療、およびエネルギーベースの装置は、セルライトの外観を、時には満足のいく程度まで改善することができるが、これは広範囲の組織リモデリングを伴うため、セルライトを根絶することは決してない。著者の意見では、相乗的な結果を生み出すために内部的および外部的なアプローチが戦略的かつ段階的な方法で使用される組み合わせアプローチが最も良い臨床結果である。例えば、CaHaを注射し、続いて毎週5回RF装置で治療すると、最終治療の約3ヶ月後に重度のセルライトが改善される可能性があります。組み合わせ方策の他の例は、毎週の音波治療の6セッション、その後の1440nmのレーザーの片側発射であり得る。安全性、有効性、および患者満足度の観点から、セルライトの長期治療成績を評価するには、特に併用療法に関して、より大規模な研究を実施する必要があります。


まとめ
 

結論にもありますが、セルライトを除去する完璧な手段というものは現状で確認がされていません。

それぞれの手法にて、良い成果も得られていることがありますが、
それらの成果がいつでも得られるとは限らない。ということ。

肥満による脂肪の過形成がセルライトの起因とされていますので、
予防。ということであれば、摂取する栄養素をコントロールしたり定期的な運動をしたりなどが考えられますが、この論文には予防方法の提案はされていません。

それでも!という方がされる治療法が上記のそれぞれになるのかもしれません。

セルディックのためのサディックN。治療。Int J Womens Dermatol2018; 5(1):68−72。2018年10月22日に公開されました。doi:10.1016 / j.jwd.2018.09.002