【サプリメント】加齢黄斑変性症の症状進行は遅らせることができるのか?

今回は加齢黄斑変性症が抗酸化物質で予防できるのか?について


目の老化で起きると言われている加齢紅斑変性症です。

患ってしまうと大変な思いをする。という体験談を耳にしますので抗酸化物質で予防できるならしたいもの。

そんなことを研究している論文の結果を紹介します。

研究の内容は?

・アメリカ、ヨーロッパ、中国、オーストラリアで行われた19の研究を含んだ。

・9件の研究で、AMDの既往がある患者にマルチビタミンとプラセボ(7件)、
または治療なし(2件)が比較された。
・期間は9ヶ月~6年の範囲。
・抗酸化ビタミンを服用している人は、晩期AMDに進行する可能性は低かった。

・6件の研究で、ルテインをプラセボと比較した。
・期間は6ヶ月~5年の範囲。
ルテインまたはゼアキサンチンを服用している人は、後期AMD、新生血管AMDへの進行リスクが似ているかわずかに低い。 


・ビタミンEをプラセボと比較。
・この研究では、1204人がビタミンEまたはプラセボに無作為に割り付けられ、4年間追跡調査されました。
・後期AMD進行の数は少なかったが、効果の推定値は不確かでした。

・5つの研究が亜鉛をプラセボと比較。
・期間は6ヶ月~7年の範囲。
・亜鉛サプリメントを服用している人は、晩期AMD、血管新生AMDに進行する可能性が低いかもしれません。

これらの研究は力が乏しく、有害作用は一貫して報告されていないため、
有害性について非常に確実性の低い証拠が利用可能であった。

結果

AMDを患っている人は、マルチビタミン、抗酸化ビタミンとミネラルの補給により、
病気の進行がある程度遅れることがあります。

この調査結果は、比較的栄養が豊富なアメリカ人集団で行われた1件の大規模試験から主に引き出されました。

しかし、健康である一般の人がAMDの罹患を予防できるのかは不明である。

一般に安全と見なされていますが、ビタミン剤は有害な影響を与える可能性があります。

ルテインとゼアキサンチンを含むサプリメントは、加齢黄斑変性症の人々のために広く販売されていますが、レビューはそれらがAMDの進行にほとんどまたは全く影響を及ぼさないかもしれないことを示しています。

まとめ

これらの積極的な摂取で、「AMDの進行を」予防する可能性はあるみたいです。

しかし、罹患自体を予防できるのか?は不明です。

飲むならビタミン類の方が良さそうな研究結果でした。

エバンスJR、ローレンソンJG。加齢黄斑変性の進行を遅らせるための抗酸化ビタミンおよびミネラルサプリメント。系統的レビューのコクランデータベース2017、第7号。番号:CD000254。DOI:10.1002 / 14651858.CD000254.pub4。