耳鳴りに困っている人に読んで頂きたい治療方法について。

今回は耳鳴りの治療について。


過去に記事にしたことがありますが、それを覆す内容も含まれてはいますが、
非常に参考にできた内容でしたので紹介致します。

補足ですが、3か月以上続いている慢性耳鳴りについての内容です。

治療方法は?(慢性症状に限る)

認知行動療法(CBT)が耳鳴りによる生活の質の低下を改善できる可能性があります

しかし、CBTは実際には耳鳴りの音を減らすわけではありません。

その効果は研究によれば、1年以下しか続かなかったようです。

CBTは心理的治療法です。それは彼らが問題により良く対処するのを助けるために人々の戦略を教えます。
ドイツでは、耳鳴りが大きな心理的苦痛を引き起こしている場合、
または患者がうつ病などの他の病状を抱えている場合、
CBTは法定健康保険会社によってカバーされています。
CBTを試してみたい場合は、特別な訓練を受けた心理療法士見つけることが最善です。


あまり効果がない、根拠性がない方法



  • 抗うつ薬
  • 三環系抗うつ薬および選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
  • SSRIは口渇、かすかな気分、性欲の減退などの副作用を引き起こすことがあります。

  • 電磁気刺激
  • 耳鳴りの原因となる神経信号に影響を与える

  • 一例は、反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)として知られている。

  • この手順はそれが磁場を発生させる頭皮の上に特別なコイルを置くことを含みます。
  • しかし、rTMSはまだ質の高い研究で機能することは証明されていません。

  • リラクゼーションテクニック

  • てんかん
  • 考えられる副作用には、眠気、めまい、そして長期的には体重増加があります。

  • イチョウ葉
  • 合計1,000人を超える参加者を含むいくつかの研究は、イチョウ製品が耳鳴りの症状を効果的に緩和するという証拠を提供しませんでした。

  • さらにそれらは胃腸(胃や腸)の問題や、アレルギー反応などの副作用を引き起こす可能性があります。

  • 高圧酸素療法
  • これは特別な高圧室に座って純粋な酸素を吸い込むことを含みます。

  • 目的は、耳やへの酸素の輸送を増やすことです
  • 高圧酸素療法は、耳鳴りと同様に難聴を持つ人々に最も一般的に使われます。

  • 催眠術
  • 人が意識の異なるレベルにいるところで人を深い弛緩の状態にすることを含みます。
  • セラピストは催眠術の提案を使用して、彼らが耳鳴りの音をどのように知覚するかを変更しようとします。

  • 栄養補助食品
  • 特定のビタミンや亜鉛の補助食品などの栄養補助食品は、
  • 耳鳴りの症状を和らげることが証明されていません。

  • サウンドセラピー
  • この治療法では、特別なノイズ発生器が音を出します。
  • 「ノイズマスカー」として知られているいくつかのノイズジェネレータは、
  • それらを減衰させることによって耳鳴りの音から患者をそらす。

  • それらを目立たなくするために耳鳴りの音を他の音に統合する人もいます。

  • 補聴器のように着用されています。
  • また、海の波の音を録音したり、卓上型の噴水を設置して耳鳴りを隠すことができるサウンドの背景を作り出すこともできます。

  • フィルタリングされた音楽
  • 特定のスマートフォンアプリは、耳鳴りのあなたの個々の周波数に基づいてあなたの携帯電話で再生する音楽の周波数を変更します。
  • 1日に1〜2時間アプリを使って音楽を聴くと、耳鳴りの音の音量が下がると言われています。


まとめ

耳鳴りは原因によって投薬される種類が異なってきます。

しかし、原因不明の場合はその方法に困難を示すこともあるようですが、
原因によっては降圧剤やアセチルサリチル酸などが選択され対処されることもあります。

この文献によると、多くの食品類や手法などでは効果の確認がされてはいないようで、
今、手段として注目されているのはCBTです。

まずは、その耳鳴りが何の原因から起きているのか?を調べる必要性があります。

私も耳鳴りがたまに起こりますが、恐らく慢性的な副鼻腔炎によるものか?

と私自身も実践しなければなりませんね。


耳鳴りのある患者のための Baldo P、Doree C、Molin P、McFerran D、Cecco S.の鬱剤Cochrane Database Syst Rev 2012; (9):CD003853。Bennett MH、Kertesz T、Perleth M、Yeung P、Lehm JP。突発性難聴と耳鳴りのための高圧酸素Cochrane Database Syst Rev 2012; (10):CD004739。Hals-Nasen-Ohren-Heilkunde、Kopf-、およびHals-Chirurgie(DGHNOKHC)のためのドイツGesellschaft。クロニッシャー耳鳴り(S3-Leitlinie)。AWMF-Registernr .: 017-064。2015年2月ヒルトンMP、ジマーマンEF、ハントWT。耳鳴りのためのイチョウ葉Cochrane Database Syst Rev 2013; (3):CD003852。Hoare DJ、Edmondson-Jones M、Sereda M、Akeroyd MA、Hall D. 耳鳴りと共存する難聴患者のための補聴器付き増幅Cochrane Database Syst Rev 2014; (1):CD010151。ホブソンJ、チザムE、El Refaie A. 成人の耳鳴りの管理における健全な治療法(マスキング)Cochrane Database Syst Rev 2012; (11):CD006371。Hoekstra CE、Rynja SP、van Zanten GA、Rovers MM。耳鳴りのための抗けいれん薬Cochrane Database Syst Rev 2011; (7):CD007960。Kreuzer PM、Vielsmeier V、LangguthB。慢性耳鳴り:学際的な挑戦Dtsch Arztebl Int 2013; 110(16):278〜284に記載されている。Martinez-Devesa P、Perera R、Theodoulou M、Waddell A. 耳鳴りに対する認知行動療法Cochrane Database Syst Rev 2010; (9):CD005233。Mehta S、Peynenburg VA、Hadjistavropoulos HD。慢性的な健康状態のためのインターネット配信認知行動療法:系統的レビューとメタ分析J Behav Med 2018 [EPUBの前に印刷]孟Z、劉S、鄭Y、フィリップスJS。耳鳴りのための反復経頭蓋磁気刺激Cochrane Database Syst Rev 2011; (10):CD007946。人OC、Puga ME、da Silva EM、Torloni MR。耳鳴りのための亜鉛補充Cochrane Database Syst Rev 2016; (11):CD009832。フィリップスJS、マクフェランDJ、ホールDA、ホアレDJ。成人の主観的耳鳴りの自然史:対照試験における無介入の系統的レビューとメタ分析にピリオド喉頭鏡2018; 128(1):217−227。Pichora-Fuller MK、Santaguida P、Hammill A、Oremus M、Westerberg B、Ali U他。耳鳴りの評価と治療:有効性比較08.2013。(AHRQ比較有効性レビュー;バンド122)。サベージJ、Waddell A. TinnitusBMJ Clin Evid 2014:pii:0506。Soleimani R、Jalali MM、Hasandokht T. 耳鳴りに対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の治療上の影響:系統的レビューとメタアナリシスEur Arch Otorhinolaryngol 2016; 273(7):1663−1675。Zenner HP、Delb W、Kröner-Herwig B、JägerB、Peroz I、Hesse G他。S3-Leitlinie for the療法は、慢性的な特色のある耳鳴りです。HNO 2015; 63(6):419−427。