ハンセン病の合併症に対する根拠性の高い治療方法とは?

今回はハンセン病の患者の皮膚問題に対する介入について

世界中で300万人以上の人々がハンセン病によって障害を受けています。

感覚神経損傷の主な合併症は、特に足の神経障害性潰瘍です。

罹患している人の皮膚への二次的損傷の予防および治癒におけるセルフケア、
包帯および履物の効果を評価する研究結果を紹介します。

研究の内容は?

合計557人の参加者を含む8つの試験が含み、試験の質は一般に悪いものでした。

介入と結果の対策は多様でした。

亜鉛テープをより伝統的な包帯と比較した3つの研究はいくらかの利益を見出しましたが、これらのどれも統計的に有意な効果を示しませんでした。

ある試験は、局所用ケタンセリンがクリオキノールクリームまたは亜鉛ペーストより創傷治癒に対してより良い効果を有することを示した。

RRは6.00(95%CI 1.45から24.75)であった。

フェニトインと生理食塩水用ドレッシングを比較した2つの研究の結果を組み合わせることはしませんでしたが、どちらの研究もフェニトインが潰瘍の治癒に有利に働くという統計的に有意な効果を見出しました。 0.79; 95%CI −1.20〜0.39)

キャンバスシューズは、PVC製のブーツほど優れていませんでした。

結果は?

局所用ケタンセリンが、クリオキノールクリームや亜鉛ペーストよりも効果的であることが示唆されました。

局所フェニトイン(2つの研究)は、潰瘍の治癒に関して生理食塩水包帯よりも効果的かもしれません。

他の包帯については、結果はあいまいであった。

キャンバスシューズはPVCブーツよりも少し優れていましたが、それほど大きくはありませんでした。

膝下プラスターと比較したダブルロッカーシューズの効果は、潰瘍の治癒を促進するのに変わりはありませんでした。

副作用については文書化されていません。

ハンセン病における潰瘍予防および治療の分野における質の高い研究は不足している。新しい試験は、ランダム化比較試験のデザインおよび報告に関する現在の基準に従うべきです。

まとめ

ハンセン病に罹患している患者が起こり得る皮膚トラブルについて対処法を検討した内容でした。

しっかりと有意性のある方法があるため、深刻な皮膚トラブル(潰瘍)など治療する方法はあるということでした。

そもそもハンセン病とは感染症の1つで、らい菌によって起こる慢性の症状です。

伝染力は弱いのですが、顔面や手足の末端が麻痺(まひ)したり、
顔面に出来た結節が崩れたりする症状が起こります。

Reinar LM、Forsetlund L、BjørndalA、Lockwood DNJ。ハンセン病における神経損傷による皮膚の変化に対する介入。系統的レビューのコクランデータベース2008年、第3号。番号:CD004833。DOI:10.1002 / 14651858.CD004833.pub3。