シンプルな方法で良いテニス肘とゴルフ肘の治療について。

今回はテニス肘とゴルフ肘の治療法について。

お困りになられる方が多いこれらの疾患について、最も適している方法は何ぞや?
ということをご存知頂くと、日常生活の復帰にも役立つかと思います。


治療方法について

これまでに行われた研究によると、以下の治療法が役立ちます。
  • ストレッチと強化のエクササイズ
  • 腕と手首の筋肉ストレッチと強化する特別なエクササイズ(非常に簡単にできます。)

  • 手動療法
  • これには、能動的および受動的な運動、そしてマッサージを含みます

  • 鎮痛剤
  • 非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)が選択されることが多いということ。

  • 注射剤
  • ステロイド注射剤。

  • 超音波治療
  • この治療により組織が温まり、血液の循環が良くなります。

症状を軽減するための主な治療法は、
通常ストレッチ運動と強化運動の組み合わせです。
NSAIDは短期治療の選択肢です。


あまり効果がない or 根拠性に乏しい方法


  • ブレース / 包帯 / サポーター
  • これらは肘のまわりまたは前腕の上に着用され、筋肉を緊張させます。

  • 注射
  • ボトックス、ヒアルロン酸、自家血液(体自身の血液)などの注射。

  • 体外衝撃波療法(ESWT)
  • 装置は皮膚を通して組織に伝達される衝撃波または圧力波を発生させます。
  • これは、組織内の血液の循環を改善し、治癒過程をスピードアップすると考えられています。

  • レーザー療法
  • これも血液の循環と体の細胞代謝を刺激すると考えられています。

  • 経皮電気神経刺激(TENS)
  • TENS装置皮膚を通して電気インパルスを神経系に伝達します
  • これらは痛みの信号が脳に届くのを防ぐと考えられています。

  • 鍼治療
  • 鍼治療の針は腕の表面の特定の位置に挿入されます。
  • この方法の目的は痛みを最小にすることです。

  • 冷却
  • ひじは定期的にアイスパックで冷やされています。

  • マッサージ
  • 「横摩擦マッサージ」と呼ばれるマッサージ技術は、テニス肘とゴルファーの肘の治療によく使用されます。
  • それは1本または2本の指の先端を使って、腱と筋肉に適用されます。

  • 手術
  • さまざまな手術アプローチが使用されます。
  • それらのほとんどは、前腕の筋肉の一部を切り離すこと、
  • または痛みの信号を伝える神経を分離すること。


まとめ

最も選択される方法としては、ストレッチと筋力トレーニングということでした。

この方法は痛みが酷くても、最小限で行う運動なため最中に痛みを増悪させるリスクは低いとされているものです。

また、腕に力を入れないように休める。という戦略も有用です。

しかし、これらの方法は時間が掛かる(1~3か月)ものなため、それでは困る方はNSAIDsのような投薬治療に頼る選択肢もあります。

どちらにせよ、専門医を受診しないとわからなかったりすることがしばしばですので、
おや?と思ったらご相談を。


Ahmad Z、Siddiqui N、Malik SS、Abdus-Samee M、Tytherleigh-Strong G、RushtonN。外側上顆炎:病理と管理のレビュー骨関節J 2013; 95 − B(9):1158−1164。Bisset L、Coombes B、Vicenzino B. Tennis elbowBMJ Clin Evid 2011。Buchbinder R、Johnston RV、Barnsley L、Assendelft WJ、Bell SN、SmidtN。外側肘の痛みの手術Cochrane Database Syst Rev 2011; (3):CD003525。周LC、劉TH、クアンYC、黄YH、陳HC。横epicondylosisの治療のための自己血注入:無作為化比較試験のメタアナリシスPhys Ther Sport 2016; 18:68〜73。Coombes BK、Bisset L、VicenzinoB。コルチコステロイド注射および腱障害の管理のための他の注射の有効性と安全性:ランダム化比較試験の系統的レビューランセット2010。376(9754):1751〜1767。Dingemanse R、Randsdorp M、Koes BW、Huisstede BM。内側および外側上顆炎の治療のための電気物理学的療法の有効性の証拠系統的レビューBr J Sports Med 2014; 48(12):957〜965に記載されている。Dion S、Wong JJ、Cote P、Yu H、Sutton D、Randhawa K他。受動的身体療法は肘の一般的な軟部組織損傷の管理に有効か?交通傷害管理のためのオンタリオプロトコル(OPTIMA)連携による系統的レビューClin J Pain 2017; 33(1):71−86。Dong W、Goost H、Lin XB、Burger C、Paul C、Wang ZL他。横epicondylalgiaための注射療法:系統的レビューとベイジアンネットワークメタ解析Br J Sports Med 2016; 50(15):900〜908に記載されている。Krogh TP、Bartels EM、Ellingsen T、Stengaard-Pedersen K、Buchbinder R、Fredberg U等。外側上顆炎で注入療法の有効性比較:無作為化比較試験の系統的レビューとネットワークメタ解析Am J Sports Med 2013; 41(6):1435−1446に記載されている。Loew LM、Brosseau L、Tugwell P、Wells GA、Welch V、Shea B他。外側肘または外側膝腱炎を治療するためのディープ横摩擦マッサージCochrane Database Syst Rev 2014; (11):CD003528。外側上顆炎の治療のための Mattie R、Wong J、McCormick Z、Yu S、Saltychev M、Laimi K. 経皮的針腱切開術:文献の系統的レビューPM R 2017; 9(6):603−611。メンタR、ランダワK、コートP、ウォンJJ、ユーH、サットンD他。筋骨格系障害や肘、前腕、手首、および手の怪我の管理のための運動の有効性:交通傷害管理のためのオンタリオプロトコル(OPTIMA)のコラボレーションによって系統的レビューJ Manipulative Physiol Ther 2015; 38(7):507−520に記載されている。Moraes VY、Lenza M、Tamaoki MJ、Faloppa F、Belloti JC。筋骨格軟組織の損傷のための多血小板療法Cochrane Database Syst Rev 2014; (4):CD010071。Olaussen M、Holmedal O、Lindbaek M、Brage S、Solvang H. コルチコステロイド注射または非電気療法理学療法による外側上顆炎の治療:系統的レビューBMJ Open 2013; 3(10):e003564。オーチャードJ、クントゥリスA. テニスの肘の管理BMJ 2011; 342:d2687。Pattanittum P、Turner T、Green S、BuchbinderR。成人の外側肘痛を治療するための非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)Cochrane Database Syst Rev 2013; (5):CD003686。銭X、リンQ、ウェイK、フーB、Pジン、王J. 外側上顆炎の治療中のコルチコステロイド注射と比較して有効性および自己血液製品の安全性:無作為化比較試験のメタアナリシスPM R 2016; 8(8):780〜791に記載されている。ラマンJ、マクダーミッドJC、グレアルR。外側上顆症における抵抗運動のさまざまな方法の有効性 - 系統的レビューJ Hand Ther 2012; 25(1):5〜25。クイズ26。Tang H、Fan H、Chen J、Yang M、Yi X、Dai G他。外側上顆炎のための鍼治療:系統的レビューEvid Based Complement Alternat Med 2015; 2015:861849