神頼みをしても病気は治りません。という研究結果

今回は病気を治すための神頼みについて


当事者の方達には水を差すような結論が
示されている論文を見つけちゃったので紹介します。

少なくとも身内や友人が健康的な障害があった時に
祈ることって経験したことありませんか?


研究の内容は?


紹介する論文の研究では10件の試験、7,646名を対象にしており、
病気中、手術後、入院中、疾患に関しては様々と一般的な環境で行った研究です。
元々、この介入は信仰として、個人や集団が困っている人のために神に請う行為のことです。



結論は?


結論としては全体を通して祈願してもらった人、してもらっていない人を比較しても
病気の回復、生命予後の有意差はなかった。

また祈願を受けていない患者群では、術後の合併症などの発生率が有意に高い。

祈願をされていることを知っている、知らない患者群では、
知らない患者の方が手術後の合併症が有意に少なかった。


まとめ

さらに論文のレビューアは、神頼みに有意差があるような効果はなく、
エビデンスレベルも低い。更なる研究をすれば結論は変わるかもしれないが、
そんな時間を使うぐらいなら別の方法を探したほうが有益だ。
とコメントしていました。

日本人は「気持ち」ということを大事にしている文化があるので、
エビデンスにないから神頼みする意味がないよ!とか言うと空気が読めないやつと
言われかねないですが、私なら自分にできそうなことを考えて行動します。


引用
Roberts L, Ahmed I, Hall S, Davison A. Intercessory prayer for the alleviation of ill health. Cochrane Database of Systematic Reviews 2009, Issue 2. Art. No.: CD000368. DOI: 10.1002/14651858.CD000368.pub3