【睡眠】睡眠薬による副作用の被害報告

不眠症に関する話です。


結論からお話ししますと、FDA(米国食品医薬品局)から以下の薬に対して副作用の警告がなされています。

・エスゾピクロン
・ザレプロン
・ゾルピデム

これらがもたらす副作用は「睡眠行動」です。

睡眠行動?

無意識化における睡眠時の行動のようです。(夢遊病みたいな)


副作用によって


それは怪我をもたらしたり、場合によっては死に至る場合も報告されているようです。

こういたった理由は、不眠症が原因の事故など66例を調査していました。

上記の薬を服用していることが対象になっています。

調査結果


重篤でない怪我など46例は過剰摂取、転倒、やけど、溺水、極度の低温暴露、四肢の損失などが報告されており、
死亡例を含んだ20例は一酸化炭素中毒、溺死、致命的な転倒、低体温、自動車事故、自殺などが報告されています。

これらは服用後に報告された事例なため、今後の服用に対して警告、薬の使用を禁忌とするべきという文章を出典元としています。

FDAは、特定の処方不眠症薬に関連するまれではあるが深刻な事件についてのより強い警告を要求しています

個人的な

不眠症といえば、私自身も患っていた症状で身近に感じやすいため、
薬に頼って治療をしている方は気を付けて欲しいと思い記事にしました。

どんな薬にも副作用はつきものですが、
重篤な副作用は困りものです。