お金で苦労してしまう人の心理的な特徴とは?

今回は、良い人は金銭的な問題を抱えるリスクが高い?ということについて。

よくフィクションの話であったりするのは、気の良い人が友人の借金の保証人になって、友人が逃げ借金を抱えてしまうというエピソード。

この記事を読みながら、そういったエピソードを思い出しました。

どんな文献かというと

アメリカ心理学会が発表した調査によると、良い人はより協力的であるというよりも、
良い人らがお金をあまり重視していないという理由で、破産やその他の経済的困難のリスクが高いかもしれない。

コロンビアビジネススクールのサンドラ・マッツ博士は、次のように述べています。
「以前の調査では、合意可能性が低いクレジットスコアと収入に関連していることが示唆されました。
その協会が他の財務指標にも当てはまるかどうかを確認し、そうであれば、なぜナイスガイが最後に終わったように見えるのか、もっとよく理解してください。」
ということ。

University College LondonのJoe Gladstone博士は、300万人を超える参加者から収集したデータを複数の方法で分析しました。 
  • ・2つのオンラインパネル
  • ・全国調査
  • ・銀行口座データ
  • ・公開されている地理データ 


彼らの分析は、良い人が経済的困難を経験する可能性がより高いのは、
彼らのより協調的な交渉スタイルのためであるか、代わりに彼らがお金に割り当てるより低い価値のためであるかを調べた。 

「我々は、合意可能性が、貯蓄の減少、借金の増加、債務不履行率の上昇など、経済的困難の指標と関連していることを見出しました」とグラッドストーン氏は述べています。
「この関係は、良い人が単にお金をあまり気にしておらず、したがって、お金の管理ミスの危険性がより高いという事実によって引き起こされているように思われます。」

研究者らはまた、賛成の人々がすべて同様に財政的に苦しむ可能性があるとは限らず、
収入が賛成性と経済的健全性の関係において重要な役割を果たしていることを見出した。

「すべての良い人が経済的困難を経験するリスクが同等であるわけではありません」
とグラッドストーン氏は言います。
「関係は、低所得者にとってはるかに強かった。彼らは、良い性格の有害な影響を補償するための経済的手段を持っていない」とのこと。

興味深いのは

研究者たちは、良い人達が子供の頃の心地よさが測定されたとしても、人生の後半ではさらに大きな経済的困難を予測していることに驚きました。
この研究には、25年以上にわたる同じ個人を対象としたコホート研究の調査データが含まれています。

この関係をさらに説明するために、研究者らはイギリスの2つの地域からの公的に利用可能な性格と財務データを比較したが、どちらも1人当たりの所得水準は同じであった。
賛成性で有意に高い得点を挙げた都市でも、破産率は50%高くなっています。

「親切で信頼することは、特に自分の人格を補償する手段を持たない人にとっては経済的なコストがかかります。」

「ナイスガイが最後に終わる:いつ、そしてなぜ賛成性が経済的困難に関連するのか」、コロンビアビジネススクール博士、ジョーJ.グラッドストーン博士、ロンドン大学経営学部、パーソナリティジャーナル社会心理学、2018年10月11日に公開されました。

まとめると

・良い人が経済的に苦労するのは金銭的な管理が甘いから

・良い性格が否定されるわけではなく、その性格を利用してくる有害事象の対策がない。


という2点がこの文献、研究からわかることかと。


こういった側面が苦労する要因ならば、お金だけにはシビアになれば回避しやすくなる問題であったりするのかもしれませんね。