にきびの治療法について。最も良い方法は?

今回はにきびの治療法について

様々な治療法の中から最も良い方法は?

それぞれの方法について、科学的根拠がわかっているものなどを紹介します。

治療方法

局所薬
作業を開始する前に数週間または数カ月間使用する必要があります。
新しいにきびが形成されないようにするには、それらを既存のにきびの周囲の皮膚にも塗布する必要があります。
いくつかの薬は肌に刺激を与え、発赤やかゆみなどを引き起こします。
低用量から始めてそれを徐々にそれを増やすことによってこのリスクを減らすことができます。
皮膚が刺激を受けた場合は、服用量を減らすと効果的です。あなたの肌が刺激を受けたままになっているか、薬がしばらくしても効かない場合は、別の薬を試します。

過酸化ベンゾイル
皮膚の外面にある死んだ細胞の層を取り除くのに役立ちます
これにより、油(皮脂)が毛穴を離れやすくなり、皮脂腺の目詰まりが防止されます。
それは抗菌性を持っていて、そしてあなたがそれをたくさん使うならば抗生物質とは違って
バクテリアが耐性になるという危険がありません
軽度から中等度のにきびでは、過酸化ベンゾイルは数週間以内に改善をもたらすことができます。
しかし肌を刺激し、発赤やかゆみのような問題を引き起こします。
過酸化ベンゾイルが衣服や髪に触れた場合、それらを漂白することがありますので、それを適用するときには注意することをお勧めします。
抗生物質
炎症性のニキビを軽減することができます。
それらは非炎症性ざ瘡の治療には効果的ではない。
局所抗生物質は、それらが効果を及ぼすことができる前にかなり長い間使用される必要があります。
治療は少なくとも3週間かかり、3〜6か月後に改善を見ることがほとんどです。
しかし抗生物質の耐性菌がある場合、細菌は薬に慣れるかもしれません。
その結果、まったく効かないかもしれません。
そのため、抗生物質は長期間の繰り返し使用には適しません。

レチノイド
レチノイドはビタミンAの誘導体です。
ニキビの局所治療に使用されるレチノイドには、アダパレン、イソトレチノインおよびトレチノインが含まれます。
クリーム、ジェルまたは溶液として利用できます。
それらは炎症性および非炎症性にきびの両方に役立ちます。
数週間以内に目に見える改善をもたらす可能性があります。
発赤、やけど、かゆみなどの副作用が起こることがあります。

レーザー治療

レーザー治療と強力なパルス光療法が炎症性ざ瘡の短期間の改善につながることがあるといういくつかの証拠があります。

しかし、これらの治療アプローチの長期的な利益に関する優れた研究は不足しています。

したがって、それらが効果的であることが証明されている他の治療法に代わるものであるかどうかは明らかではありません


その他の治療薬など

ハーブやホメオパシー製品、ティーツリーオイル、精製ハチ毒などがあります。

にきびの治療のためにも鍼治療、カッピング、特別マッサージが提供されることもあります。

しかし、これらの製品やアプローチのどれもまだ明らかに機能することが証明されていません。

まとめ

有効性が確認されている治療薬のほとんどは、処方箋が必要な場合が多いようです。

市販のものでも、同じような成分が使われているものがあることもありますが、
適用量などを見極めるためにも専門医を訪ねる方が良いかもしれません。

治療薬以外でおススメできるものは、この文献からは見つけることはできませんでした。

私の体験談としては、肌の保湿を心がけるようにしてからは肌トラブルが減りました。

保湿剤も色々と使用しましたが、ココナッツオイルが一番合っているようで。

Cao H、Yang G、Wang Y、Liu JP、Smith CA、Luo H他。尋常性ざ瘡のための補完療法。Cochrane Database Syst Rev 2015; (1):CD009436ドイツ皮膚科学会(DDG)。Behandlung der Akne。S2k-Leitlinie 10.2011(AWMF-Leitlinien; Band 013-017)。Dover JS、Batra P. Lightベースの補助療法、その他の尋常性ざ瘡治療。UpToDate 2016Garner SE、Eady A、Bennett C、Newton JN、Thomas K、Popescu CM。尋常性ざ瘡用ミノサイクリン:有効性と安全性 Cochrane Database Syst Rev 2012; (8):CD002086Graber E.尋常性ざ瘡の治療。UpToDate 2016Haedersdal M、Togsverd-Bo K、Wulf HC。尋常性座瘡の治療におけるレーザー、光源および光線力学療法の証拠に基づくレビュー。J Eur Acad Dermatol Venereol 2008; 22(3):267−278に記載されているハミルトンフロリダ州、車J、ライオンズC、車M、レイトンA、メイジA.レーザーと尋常性ざ瘡の治療のための他の光療法:系統的レビュー。Br J Dermatol 2009; 160(6):1273−1285Magin P、アダムスJ、見出しG、池D、スミスW。にきびの原因:にきびの因果関係に対する患者の認識と、にきび治療への影響の質的研究。Dermatol Nurs 2006; 18(4):344−349マジンP、アダムスJ、見出しG、池D、スミスW。尋常性ざ瘡の心理的後遺症:定性的研究の結果。2006年に医師になれます。52(8):978〜979に記載されているマジンP、ヘディングG、アダムスJ、ポンドD。セックスと肌:にきび、乾癬、アトピー性湿疹のある患者の質的研究。Psychol Health Med 2010; 15(4):454〜462に記載されているMagin P、Adams J、見出しG、Pond D、SmithW。皮膚疾患における外観関連のからかいおよびいじめの経験とその精神的後遺症:定性的研究の結果。Scand J Caring Sci 2008; 22(3):430−436に記載されているMagin PJ、Adams J、Heading GS、Pond DC、Smith W.にきび、乾癬、およびトピック湿疹における補完代替医療療法:患者の経験と認識に関する質的研究の結果。J Altern Complement Med 2006; 12(5):451−457Mohd Nor NH、AzizZ。尋常性ざ瘡用過酸化ベンゾイルの系統的レビュー。J Dermatolog Treat 2013; 24(5):377−386パーディS、ドベッカーD:にきび。BMJ Clin Evid 2011。Romano M、Dellavalle RP、Naldi L. Acne vulgaris。で:ウィリアムズH、エド。証拠に基づく皮膚科 ロンドン:BMJ Publishing Group、2014。Tan JK、Vasey K、Fung KY:にきび患者の信念と認識。J Am Acad Dermatol 2001; 44(3):439−445チブットD、ZaengleinA。病因、臨床症状、および尋常性ざ瘡の診断。UpToDate 2016ウィリアムズHC、Dellavalle RP、ガーナーS.アクネ尋常性。ランセット2012; 379(9813):361−372