どうやって共感力を高めるのか?医療従事者に必要な共感は、燃え尽きてしまうと無くなってしまうものなのか?

今回紹介するのは、燃え尽き症候群と共感の関係性についてになります。


別記事で取り上げた燃え尽き症候群についてですが、
心理分析の中で、共感能力との関連性があるのじゃないの?
ということが調査されている論文内容があったため紹介します。

燃え尽き症候群とは、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満のことです。

そして共感とは、他人の考え・主張に、全くそうだと感ずることです。

一見何も関連性が無いようにも思えますが、
心理状況などによっては共感なんてできないよ!と思ってしまうこともありそうなものですね。


今回はこの関連性を医療従事者に向けて調査されていた論文から関連性について研究されていました。

結果から言いますと、共感と燃え尽き症候群は関連性が無いもの、と結論付けられました。

燃え尽き症候群とは


医療従事者における燃え尽き症候群は、医療チームでありながら自分の生き方や考えが認められなかったりする時に感じてしまいそうなものです。

チームの中でも持っている資格や経験年数などによるバイアスで、本当に検討すべき事項を主張しても、主張が通らないことの繰り返しで燃え尽き症候群になってしまいそうなものです。

資格にもよりますが、医療従事者の転職も多いとされるものもあるのは、もしかするとこの症候群が要因の1つかもしれません。


そして、医療従事者なら必須な共感について。

共感する。ということは患者や医療チームにおいて関係性を構築することに非常に役に立つ感覚のことだと認識しており、
共感する大事さは身をもって経験しています。

研究の内容は?


研究は、
1)看護師または医療専門家である参加者
2)英語で書かれた原稿
3)Maslach Burnout Inventoryを使用して評価することでした。
4)専ら定量的方法論。

と4つの方法で検証され、10件の適格な研究がレビューされています。

そのうち7つは英語が第一言語ではなかった国で行われました。

研究のうちの8つは、共感と燃え尽き症候群の間の否定的な関係についての経験的支持を提供しました。

ある研究では、燃え尽き症候群と共感の間の前向きな関係を支持していました。

ある研究では、共感の異なる部分尺度と燃え尽き症候群の間の正および負の相関で矛盾する証拠が報告された。

一般に、試験の質は良好であると評価された。

しかしながら、いくつかの研究はサンプルサイズに関する情報を提供することができず、データの報告は1つの研究から十分ではなかった。

Helen Wilkinson a1リチャード・ウィッティングトンbcロレーヌペリーdカトリンイームズa

アンケート方式で取られたこの研究では、
共感することと、燃え尽き症候群との関連性はあるものとないもの。
結果から8件の研究が関連性がないと導き出していたましたが、
今後の研究によっては変わる可能性は十分にある結果かと。

燃え尽き症候群に関しては、どういう対策をとれば良いのか?ということが様々な検討がなされており、共感力を高めることより解決する難易度は高めに聞こえます。

まとめ


そこで私がやってる燃え尽き症候群対策と共感力対策をお伝えします。

燃え尽き症候群については、「質問」するようにしています。

相手とのコミュニケーションで断られたり、意見が通らなかったりすることはよくあることですので、私が提案したこの考えはどのようにすれば良いですか?という聞き方をしています。

整骨院で勤務していた時に、何度も手技についてダメ出しをもらっていました。

ダメ出しの理由ももっと強く、いやもっと弱くというように抽象的な批判でしたので、
具体的に教えてもらうために、体重計を使ってどのぐらいの重さを出せるように圧を加えるのか、角度は?などより具体的な指示をもらうためにこのように質問しました。


次に共感についてですが、私自身が体を痛める経験が少なかったため、
慢性的に痛めている方の痛みが、自分で体験したことがありません。

これはよく自分が良いと思う、自分も体験したからわかる、みたいな人が言っている思考なのでこれでは共感なんてできないや、と諦めました。

それからは、患者さんに

「腰が痛いのよ」
「腰が痛いのですね。日頃のどんな場面で痛いのですか?」
「痛いのは起きるときと立ったり座ったりするときだね」
「痛いのは起きるときと立つときと座ったりするときなんですね
 それだと大変お辛いですが、一番困っていることは何ですか?」


というように質問するようにしています。

こうすれば、問診時間も短縮でき患者さんの一番の訴えも聴取しやすくなったので、
個人的にはこの方法はおススメしています。

燃え尽き症候群などは経験がありますが、
自分の理想を具体化して、高く設定してしまうとなったという経験と、
心理学的にも目標は具体化すると・・・というようなお話もありましたので、
今、目の前の仕事に集中するようにしていくことから始めてみましょう。