【要検討】胃不全麻痺における鍼治療について

今回は胃不全麻痺に対する鍼治療について

症候性胃不全麻痺って聞いたことがありますか?

機能的に閉塞など起こっておらず、胃の内容物の消化が遅れてしまう症状のことです。

この症例に対して、鍼治療で行われた研究結果を紹介します。

研究の内容は?

合計2601人の参加者を含む32の研究を含めた。
鍼治療は手動刺激(24件)または電気刺激(8件)のいずれか。

胃不全麻痺の病因は糖尿病(31件)または手術(1件)であった。

改善の定義や分類は研究によって異なりますが、すべての研究で症状が「改善」した人の割合に関するデータが提供されています。

ほとんどの研究で短期間の転帰のみが測定され(28件)、
主観的な症状の変化を評価するために検証された機器を使用したか、
生活の質や投薬の使用に関するデータが報告された。

害の報告は不完全。

わずか7件の試験で軽微な有害事象が報告された。

ほとんどの研究で、配分の隠蔽(29/32)、アウトカムアセスメントの盲検化(31/32)、および選択的報告(31/32)の観点からバイアスのリスクが不明瞭であった。

参加者/職員の目がくらんでいるという点で偏りのリスクが高い(31/32)。

鍼治療は偽鍼治療(鍼治療以外の治療を必要とする人)、3種類の薬物動態薬(ドンペリドン、モサプリド、シサプリド)、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(シメチジン)と比較されました。

治療の結果

鍼治療を受けた参加者の方が、胃運動薬を服用した参加者(4〜12週間)と比較して短期間で「改善した」症状を示したという非常に確実性の低い証拠がありました。

胃動薬、非胃動薬および日常医療を含む他の治療法と組み合わせた鍼治療を同じ治療法単独と比較した。
短期間(4〜12週間)で症状が改善した参加者の割合について、鍼治療を支持する非常に確実性の低い証拠があった。

レビューアのコメント


糖尿病性胃不全麻痺の改善を経験した人の割合に関して、鍼治療単独または薬物単独投与と比較した鍼治療と胃動薬物併用治療の短期的な利益の非常に確実性の低い証拠があります。出版バイアスと小規模な研究効果の肯定的なバイアスの証拠があります。全体的なリスクの偏り、主観的症状の変化の検証されていない測定値、出版物の偏り、小規模な研究報告の偏り、長期的な転帰に関するデータの欠如などから、報告された利点は慎重に解釈する必要があります。したがって、このレビューで報告されている影響は、実際の影響とは大きく異なる可能性があります。

まとめ 

確証を得るような研究結果ではありませんが、
必要であれば医師の同意があって行うことが望ましいのかもしれません。

投薬の要する治療法でないことが利点にはなりますが、
重篤な副作用の報告はされていません。

試してみることもありなのかも知れませんが、確たる方法が判り次第記事にします。

キムKH、リーMS、チェTY、キムTH。症候性胃不全麻痺に対する鍼治療。系統的レビューのコクランデータベース2018年、第12号。番号:CD009676。DOI:10.1002 / 14651858.CD009676.pub2。