Recommended articles

【まとめ】医療関係に就職したい人に勧める勉強本について

今回は今から医療関係の仕事を目指す人におススメする勉強本について これから勉強しよう!勉強している!という人におススメする勉強の時に使った本たちを教科別ごとに記事にしていましたので、まとめて紹介します。 基礎医学 ・ 解剖学 ・ 生理学 ...

【症例勉強】医療に携わっていたら解きたい!オックスフォードからの症例問題。

今回はケーススタディです。


このブログは、医学と健康に関して後悔しないような選択肢をとってもらうために、 科学的根拠の高い論文などを紹介し、それをどう使っていくべきなのか?を私が解説・提案していくブログです。 メールアドレスでの登録も宜しくお願い致します。

オックスフォード大学から発刊されている冊子より出典となります。

2016年に出ているものですが、症例勉強、ケーススタディ好きにはたまらない内容になっています。

医療従事者の方でなくても解いてみていただければ楽しんでいただけるかと思われます。


問題


Q1

57歳の男性トラック運転手
彼の地元の救急部に20分の発話と胸痛のエピソードを提示しました。

胸の痛みは中心的で、左腕に広がっていて自然につぶれていました。
300 mgのアスピリンを経口投与し、800 mcgのグリセリルトリニトレート(GTN)スプレーを地域の救急隊員が舌下投与したところ、痛みはすぐに治癒した。

彼は1日に20本の紙巻タバコを吸っていました(38パック/年)が、他の心血管系危険因子については知りませんでした。
調べてみると彼は心地よく見え、文章を完全に完成させることができた。
心臓聴診で心雑音はありませんでした。
血圧は180 / 105mmHgであり、心拍数は83bpmであり、そして通常の、酸素飽和度は97%であった。

最も可能性の高い診断は何ですか?

急性冠症候群 
大動脈解離 
食道破裂 
消化性潰瘍 
気胸 




Q2

彼はカテーテル検査室に連れて行かれ、そこで左前下行冠状動脈(LAD)は完全に閉塞されていることが示された。
経皮的介入の成功およびLAD正常流への1つの薬物溶出ステント移植の後に回復する(心筋梗塞における血栓症、TIMI = 3)。

72時間後、彼は家に退院する準備ができています。患者は仕事に戻ることに熱心であり、いつ彼がそうすることができるか尋ねます。

彼がいつ仕事に戻ることができると彼に忠告しますか。

1週間後 
3週間後 
6週間後 
血管造影を繰り返す前に 
運動テストの前ではない 





よく考えられましたか?


では解答です。









Q1 
A-急性冠症候群

Q2
E-運動テストの前ではない



正解できましたか?




では、解説編です。



Q1
この提示は上記の鑑別診断のいずれかに起因する可能性があるが、
臨床像および危険因子を考えると最も可能性の高い病因は心虚血の1つである。

危険因子には、性別、喫煙状態、年齢が含まれ、急性冠症候群の診断は最も可能性の高いものになります。
胸痛を呈する患者における広範な鑑別診断は、医学文献において広く議論されている。

Q2

この患者は大型トラックの運転手であるため、プロの大型車両運転免許証を持っています。
NSTEMI / STEMI後の大型トラック運転手の運転開始の規制は、国によって異なる可能性があるため、地域の規制に従う必要があります。
英国では、大型トラックの運転手がカテゴリー2の運転免許証を持っています。
したがって、彼は少なくとも6週間トラックを運転することを控えるべきであり、彼が運動評価を首尾よく完了した場合にのみ運転に戻ることができます。

運動評価は自転車やトレッドミルで行われます。

ドライバーは標準のブルースプロトコルの3段階を完了することができるはずです。
試験中、抗狭心症薬の服用を控えており、特に狭心症、失神、低血圧、持続性心室頻拍、および/または運動中または回復期間中の心筋虚血(通常2 mmを超える水平または下向きの傾斜)を示すものと見なされる心電図STセグメントシフトもみられます。
標準の自動車運転免許証(カテゴリー1)では、4週間以内に他の血行再建術が計画されていなければ、介入が成功してから1週間後に運転を再開できます。

左室駆出率(LVEF)は退院前の少なくとも40%であり、他の失格状態はありません。

したがって、この特許が英国にある場合、心エコー検査でEF> 40%が確認されたと仮定して、彼は1週間後に通常の自動車の運転を再開できます。

しかし、彼は彼が必要なテストに合格した後にのみトラック運転を続けることができました。



難しかったです。

私はQ1しか解けませんでした。

こういった問題は私自身が大好きなので継続して記事に挙げていきます。