ビタミンDの摂取で喘息の発作が予防できる。という研究結果




今回はビタミンDによる喘息発作の予防について

喘息と言えば辛い、苦しいという印象を受ける疾患です。
私自身が喘息になったことはありませんが、友人が喘息を患っていたためそのような印象と本人からの体験談を踏まえても予防策はないものか?と思っていました。

紹介する論文の結論では、品質の高い結果が得られていましたので
お困りの方は是非実践されてみて欲しいもの。


研究の内容は?

2016年のコクランレビューからの情報です。

・合計435人の子供を対象とした7件の試験
・合計658人の大人を対象とした2件の試験

が対象となっていた。


これらのうち、22人の子供を対象とした1件の試験と
658人の大人を対象とした2件の試験が、全身性コルチコステロイドを必要とする増悪率の分析に寄与した。

・試験期間は4〜12ヶ月で、参加者の大多数は軽度から中等度の喘息を患っていました。

・ビタミンDの投与は、全身性コルチコステロイドを必要とする増悪率を低下させ、
(率比0.64、95%CI 0.46〜0.90、680人の参加者、3件の研究、高品質の証拠)

うち1症例では救急科を要するリスクを減らしました。
(オッズ比(OR)0.39、95%CI 0.19〜0.78、追加の有益な結果を得るために治療に必要な人数、27人、963人。7件の研究 質の高い証拠)

そして、ビタミンDの投与は重篤な有害事象のリスクに影響は確認されていません。
(OR 1.01、95%CI 0.54〜1.89; 879人の参加者; 5件の研究;中等度の質の証拠)


結果は?

私たちはビタミンDがこれらの試験で喘息の症状が悪化する危険性を減らした。と確信していますが、この結果が実際にどのように適用されるか?について不確実性があることを認識します。
成人と子供、喘息の重症度、ビタミンDの状態と用量に関して、効果に違いがあるかどうかを明らかにするためには、さらなる研究が必要です。


まとめ 

喘息。
という側面に焦点を合わせた今回の実験では、ビタミンDがかなり有意に働いていました。

実際に摂取を検討されるなら、専門医と相談の後に飲まれてください。

マルティノーAR、ケイツCJ、ウラシマM、ジェンセンM、グリフィスAP、Nurmatov U、シェイクA、グリフィスCJ。ぜん息管理のためのビタミンD 系統的レビューのコクランデータベース2016、第9号。番号:CD011511。DOI:10.1002 / 14651858.CD011511.pub2。