【高齢者】転倒予防する介入方法で効果があるものは?79,193人の調査からわかった結果は??

今回は高齢者の転倒を予防する介入について

転倒予防のために体操教室など様々な施策が自治体や企業、また地域での取り組みによって行われています。

高齢者が転倒をすると、骨折などの外傷を負ってしまうリスクがあり、
外傷がきっかけで長期の寝たきり、その後の生命予後など多様な発展が問題とされているからです。

少し飛躍した話になりましたが、
様々な介入を行い、何が一番効果があったのかを検証している研究結果を紹介します。

研究の内容は?

・79,193人の参加者による159の試験を含めました。
・テストされた最も一般的な介入は、単一の介入としての運動(59回の試行)と多因子プログラム(40回の試行)でした。
62%(99/159)の試行は、シーケンス生成のバイアスのリスクが低く、60%が転落の減耗バイアス(66/110)、73%が転落者の減損バイアス(96/131)で、配分の隠蔽については38%(60/159)。
多成分グループ運動は、転倒率と転倒リスクを大幅に減少させました。
複数の構成要素のホームベースのエクササイズを行いました。

太極拳の場合、転倒率の減少は統計的有意性に隣接していましたが、太極拳は転倒のリスクを大幅に低減しました。
全体として、運動介入は転倒関連骨折を維持するリスクを有意に低下させました。
(RR 0.34、95%CI 0.18〜0.63、6回の試験、810人の参加者)

ビタミンDは転倒率または転倒のリスクを減少させませんでしたが、治療前にビタミンDレベルが低い人にはそうするかもしれません。

転倒率と転倒のリスクの減少に、家庭の安全性評価と修正介入が有効でした。
これらの介入は、重度の視覚障害のある人を含む転倒のリスクが高い人により効果的でした。

家庭療法の介入は、作業療法士が行うとより効果的と思われます。

視力障害を治療するための介入は、転倒率および転倒リスクの有意な増加をもたらしました
多焦点眼鏡の常用者に単一レンズの眼鏡が与えられた場合、外部活動に定期的に参加したサブグループでは、すべての転倒と外転が大幅に減少しました。
逆に、外部の活動にほとんど参加しなかった介入グループの参加者では、外部の転倒が大幅に増加しました。

ペースメーカーは、頸動脈洞過敏症の転倒率を低下させましたが、転倒のリスクはありませんでした。女性の最初の白内障手術は転倒率を減少させました。
2回目の白内障手術はそうではありませんでした。

向精神薬の段階的な離脱は転倒率を低下させたが、転倒のリスクは低下しなかった。
プライマリケア医向けの処方修正プログラムにより、転倒のリスクが大幅に減少しました。

滑り止めの靴デバイスにより、氷のような状態での転倒率が減少しました。
足と足首の運動を含む多面的足病学を、足の痛みを伴う障害のある人々の標準的な足病学と比較した1件の試験は、転倒率を有意に低下させたが、転倒のリスクは低下しなかった。

結論グループおよび家庭ベースの運動プログラム、および家庭の安全介入により、転倒率と転倒のリスクが軽減されます。多因子評価および介入プログラムは転倒率を低下させますが、転倒のリスクは低下しません。太極拳は転倒のリスクを減らします。全体として、ビタミンDの補給は転倒を減らすようには見えませんが、治療前にビタミンDレベルが低い人には効果的かもしれません。

まとめ 

では、高齢者の介入で転倒率、リスクの減少ができたものをまとめます。

・運動療法

・家の中を改修

・眼鏡 ※視力に問題がある場合

・向精神薬の調整 ※精神疾患を患っている場合

・ペースメーカー ※心臓病を患っている場合

・滑り止めの靴 ※雪のように滑りやすい天候など限定的ではある


この中でコストをかけずにできるのは、運動療法です。

プロに習わないとできない!という思い込みは捨てて頂いて、何か始めるというものでも良いのかもしれません。

運動療法の中で太極拳も組み込まれていましたが、これも良い結果が出ていました。

家の中の転倒リスクを減少させることは、根本的な転倒原因を取り除くことが求められますが、コストはかかります。

眼鏡は遠近両用よりは、単焦点レンズの方が転倒リスクが減るなど、
根本的な転倒が予想されることに対する介入は効果があります。

もし、ご家族に高齢者がおられる人はリスクマネジメントを考えられてみては如何でしょうか?


ガレスピーLD、ロバートソンMC、ガレスピーWJ、シェリントンC、ゲイツS、クレムソンLM、ラムSE コミュニティに住んでいる高齢者の転倒を防ぐための介入。系統的レビューのコクランデータベース2012、問題9。アート。番号:CD007146。DOI:10.1002 / 14651858.CD007146.pub3。