【睡眠障害】男性の夜間頻尿を改善する介入結果は?

今回は男性の夜間頻尿に対する薬物療法について

寝ている途中で目が覚めてしまう。という時のきっかけの1つである尿意。

年齢や病状などでは頻尿傾向になったりもしますが、
それらを抑制する薬物療法の有効性と安全性が調査されている研究の結果を紹介します。

研究の内容は?

・無作為化された2966人の男性に関する14件の研究をまとめたもの。
 夜間頻尿を1晩あたり2回以上の排尿として定義しました。
 研究参加者の平均年齢は57〜74歳でした。

・デスモプレシンとプラセボ
 短期フォローアップ(最大3か月)に基づいて、デスモプレシンは夜間のボイドの数に小さな、おそらく重要ではない影響をもたらす可能性があります。
(平均差(MD)‐0.61、95%信頼区間(CI)‐0.96 -0.27;低品質の証拠)
短期フォローアップ時の主要な有害事象に対するデスモプレシンの影響については不明です。(リスク比(RR)0.97、95%CI 0.10〜9.03、非常に低品質の証拠)
中期フォローアップ(3〜12か月)の場合、デスモプレシンはかなりの数の男性の夜間排尿回数を減らすことがあります。
(MD -0.85、95%CI -1.17〜-0.53、低品質のエビデンス)
男性115人を対象とした1件の試験で、中期フォローアップ時にデスモプレシン群に1つの主要な有害事象があった。(RR 3.05、両方の結果で95%CI 0.13〜73.39、低品質のエビデンス)

デスモプレシンと行動の変化
夜間の排尿回数、生活の質、または主要な有害事象への影響に関するデータはありませんでした。

結論


デスモプレシンは、主要な有害事象を増加させることなく、中期(3〜12ヶ月)のフォローアップでプラセボと比較して夜間排尿の数をわずかに減らすことができます。行動修正と比較した場合、デスモプレシンの効果を決定するための不十分な証拠が見つかりました。短期間の夜間排尿の数への影響は、アルファ遮断薬と同様であり、重大な有害事象は非常にまれです。デスモプレシンとアルファ遮断薬の併用には、追加の利点はほとんどないようです。このレビューの結果は、短期間のフォローアップ、研究の制限、および不正確さによって制限されていました。

まとめ 

デスモプレシンの使用で中期的な期間から効果が出始めて、尚且つ有害事象も少ない。ということでした。

短期的、つまりは即効性なるものは影響としてあまり出ないようですが、
夜間の頻尿は減らせるかもしれない?ということで。

もし、処方され服用を始めても効果をあまり感じない?というように思いやすい研究結果になっていますが、専門医と相談しながら調節してみるのも必要かと思います。

しかし、併用しても利点が追加されない。という結果も出ているので長期的に治そうという気持ちも必要なのかもしれません。

Systematic Reviews 2017、Issue 10. Art。番号:CD012059。DOI:10.1002 / 14651858.CD012059.pub2。