【医療従事者向け】優秀な人ほど海外で仕事をする!?医療従事者の流出を防ぐ政府の介入結果は?

今回は医療従事者の出国を防ぐ介入について

低~中所得国(LMIC)において、医療従事者が高所得国(HIC)へ転出してしまうことは、
その国にとって医療レベルが低下するため介入をしなければならない問題です。

どういった介入をすることで、どのぐらいの定着ができるのか?
という研究の結果を紹介します。

研究の内容は?

1件の研究のみを含んだ研究。

1954~1990年までのフィリピン人看護師のアメリカ合衆国(USA)への移住を評価した。

それを中断された時系列研究として再分析しました。

介入は米国の移民法の修正であり、 '1965年10月の法'と呼ばれ、
アメリカへの東半球移民に対する制限を減らした。

この分析では、介入後に毎年米国に移住する看護師の数が807.6(95%信頼区間(CI)480.9から1134.3)の有意な即時増加を示した。

これは、基礎となる介入前の傾向に対して5000%の相対的な増加を表しています。

介入前と介入後の期間の間に移動する看護師の数の根本的な傾向の傾きに有意差はなかった。

結論

低~中所得国からの医療専門家の移動を積極的に規制する可能性がある、HICまたはLMICのいずれかにおける政策介入の有効性についての知識には重要なギャップがあります。
発見された唯一の証拠は、LMICから医療従事者の移動増加させたHICへの介入からでした。この分野でより厳密な研究を行うための前提条件として、LMICから医療従事者の移住に関する記録を改善するための新しいイニシアチブを実施する必要があります。この研究は、文献に概説されている一連の介入が、LMICに医療従事者を維持するのに有効であるかどうかに焦点を当てるべきである。このような介入には、経済的な見返り、キャリア開発、継続的な教育、病院のインフラストラクチャの改善、リソースの利用可能性、病院管理の改善、および医療専門家の認識の向上が含まれます。

まとめ 

少々わかり辛い言い回しをしていましたが、
過去の例では、入国の管理を行うと医療従事者の転出を防げるという介入が実施されていました。

西洋医学や東洋医学に関しては学ぶ国などで差がついたりするものですが、
根本的な医学に対する考えは同じなため、医療従事者にとっては言語や生活の壁が問題なければ、自分自身が活躍できる国を求めてもおかしくはありません。

日本に関しては、医療従事者が不足している部分と過剰になっている部分が、
資格や施設によって異なっているため、先を見据えて行動されている人は日本から離れている人もおられます。

恐らく、医療だけではなく政治や情勢などで今後流出したりすることもありますし、
紹介した論文のように高所得国では、海外からの入国を受け入れる体制を整える国もあるよで。

個人的には言葉と経済的な壁が無くなれば日本を出るつもりなので、
こういった興味深い内容の論文を紹介しました。

確かに政府や法律で規制されると、出国したくても出来なくなりますからね。

PeñalozaB、Pantoja T、BastíasG、Herrera CA、Rada G.中低所得国の医療従事者の移住を減らすための介入。系統的レビューのコクランデータベース2011年第9号。番号:CD007673。DOI:10.1002 / 14651858.CD007673.pub2。