【ストレス】医療従事者は身につけたいメイヨ―式コントロール術

適度なストレスに晒されると人間のパフォーマンスは向上します。


但しそれにはコントロールする手段とストレスの原因を知らないと、
ストレスを上手く利用することは難しくなります。

そんなコントロールするためのストレス解消は、
実際には新たなストレスを生んでいることもあるかもしれません。

そんな「ストレス」についてのコントロール方法などのヒントを、
アメリカのメイヨ―クリニックを出典とし紹介します。


ストレスの本質を知る

・ストレスの原因を知ることから始めます。

それは、仕事、人間関係、経済的な理由?

これらの理由は明確になれば、コントロールできる入口に立てます。

そして、隠れたストレスは日常生活の中に隠れています。
それは待つ、遅刻する、面倒や欲求など。

さらに結婚や住居の購入などの本質的には前向きな事象ですが、
これらもストレスになることはあります。

本質の解決

周りの変化を求めてはいけません。
それは根本的な解決とはならないからです。

自分が変わる。ということが推奨されます。

さらに、周囲に自分が貢献できそうなことを積極的に見つけましょう。


根本的な解決は、自分の中で考えすぎてもいけません。
解決できない、わからないことはすぐに相談するべきです。

リラクゼーション法

本質の解決が手順としては優先されますが、
それらが難しい、という場合はリラックスしましょう。

これは解決としての優先順位は下がるかもしれませんが、
携帯を充電するように、人にも充電が必要だからです。

・深呼吸
・太極拳
・ヨガ
・瞑想
・自然の中で生活する
・マッサージを受ける
・泡風呂に入る
・音楽を聞く
・ダンスをする

という具体例の中から「自分の時間を確保して」これらを実行してください。


リラクゼーションを強制的に実行させるテクニック

家の中でできるものは避けるべきです。

自分の生活居住空間では、リラックスするための集中ができないため
リラックスする優先順位は下がる一方です。

「歩いて、時間を使い、方法を実行する」

このテクニックを使うと、リラクゼーション方法は安易に実行できます。


まとめ

如何でしょうか?

メイヨ―クリニックから発表されている情報の中から実行できそうなものはありましたか?

アメリカ国民に向けた内容でもあるので、少し違うな?ということを感じるかもしれませんが、ストレス解消は手段を多く持つべきと最近の科学でわかっています。

上記の情報では、家の中でリラックス方法を作らないということには同意します。

季節によって難しくはなりますが、森林浴は最高のリラックス方法として実践もしているので、散歩がてらに外でリラックスする方法もあります。

上手く活用するとパフォーマンスをブーストしてくれますが、
ため込まないように多くのストレス解消を身につけてください。