【栄養失調】医療従事者なら知っていたいケアするべきポイントは?

今回は栄養失調の人に対する介入結果について

あまり食事を摂らない人に対し、どういった声掛けをしますか?

正直、私として悩ましいことの1つでもあります。

ではどのような介入が良いのか?
ということのヒントになる論文の結論を紹介します。

研究内容

41件の試験(10,681人の参加者)が選択基準を満たしました。
試験は、同様の介入(栄養ケアの組織の変更(N = 13;参加者3456))、
摂食環境の変更(N = 5; 351参加者)、
食事プロファイルまたはパターンの変更(N = 12; 649参加者)に従ってグループ化されました。

追加の食事の補充(N = 10; 6022人の参加者)および家庭の食事配達システム(N = 1; 203人の参加者)

フォローアップは「入院期間」から12か月までの範囲でした。

41件中3件のみ(4108人の参加者;非常に質の低いエビデンス)が有害事象について報告され、サプリメントに対する不耐性(下痢、嘔吐、5/34人の参加者)および味の拒否または嫌悪のための経口栄養サプリメントの中止があります。( 567/2017参加者)

結論


中程度から非常に低い品質のエビデンスがあり、栄養ケアを改善するための支持的介入が最小限の体重増加をもたらすことを示唆しています。支持的介入の全死因死亡のリスクが低いという証拠のほとんどは、病院ベースの試験から得られており、この効果を確認するにはさらなる研究が必要です。有害作用に関する非常に質の低い証拠があります。したがって、これらの介入のいくつかは国家レベルで提唱されていますが、臨床医は彼らの役割を裏付ける明確な証拠の欠如を認識すべきです。このレビューは、将来の研究で患者にとって重要な結果を評価することの重要性を強調しています。

まとめ 

栄養失調による患者に対する介入ですが、心理的なケアが功を成す結論が出ていました。

栄養を摂るために食事の内容を検討したりすることも大事ですが、満足度など患者の心理情景をケアする方に意義がありました。

サプリメントなどの物質的なものは拒否されることもありましたので、
場合によっては必要ではない介入かもしれません。

食事の内容や物でサポートするよりも、食事を満足に摂らなくなってしまった原因を解決、というよりは支持的な介入により改善することが示唆されています。

もし、ご家族、友人などにそういったフォローが必要な時はこの研究結果を思い出してください。


ボールドウィンC、キンバーKL、ギブスM、ウィークスCE。栄養失調または栄養的にリスクのある成人の食事摂取を促進するための支援的介入。Cochrane Database of Systematic Reviews 2016、Issue12。アート。番号:CD009840。DOI:10.1002 / 14651858.CD009840.pub2。