【考察】医療従事者が科学論文を読む必要性があるのだろうか?

今回は今から科学論文を読んでみよう!ということについて

科学論文は楽しいです。

恐らく雑学系の雑誌や書籍が好きな人は取っ掛かりものではないのでしょうか。

1つ考えられるのは、「読み方」について。

論文を書いた経験のある人以外は難解なように思えますが、
何処を見れば良いのか?ということについて気を付けるだけでハードルは下がります。

私が参考にしたのは


価格:3,456円
(2019/8/17 14:11時点)
感想(0件)
この本1冊だけでも論文が読めるようにはなります。

しかし、解釈の仕方や数値などは注意してみないといけないこともあります。

医療従事者が読む必要はあるのか?

専門職次第な部分もありますが、基本的にエビデンスで培われた考え方や手法がほとんどなはずです。

そんなことも踏まえますと、読む必要はあると考えいます。

知識や技術は日々アップデートなので、科学論文もそうですが、症例報告なども読むと勉強になること間違いなしです。


まとめ
医療従事者が科学論文を読むのは、勉強と娯楽という点でも非常に薦めたいもの。

中にはあぁ・・・とあるものもありますが、
数を読んでいたら良いものとそうでないものの違いがわかってくるもの。

それらから得た知識を自身で実践し試して成功することが醍醐味ではないでしょうか?

まずは紹介する本を読んでみてください。