【発声障害】よく声を使う人は要注意。原因と対処方法について

今回は発声障害について

ドイツの医学で考えられている発声障害についてまとめたものを紹介します。

原因

1つは声の使いすぎです。
声を使いすぎると、声帯の内側の膜やその下の組織が腫れる場合があります。
声帯が適切に合わなくなり、不規則な振動が発生して声の音が変化します。
これにより、音を出すことが難しくなります。
実際には声がかすれたり、声が完全に失われます。

発言が多すぎる、または大きすぎると、あなたの声が過剰に使用される可能性があります。

また呼吸が原因となることが考えられます。
常に腹式ではなく胸式呼吸をしているために起こる可能性があります。

姿勢が悪いと、発声の問題も起こりやすくなります。

声帯結節のリスクは、仕事に声を多用することが必要な人ほど高くなります。
プロの歌手はその一例です。

間違った歌唱テクニックを使用すると、リスクが高まる可能性もあります。
このため、ボーカル結節は歌手結節とも呼ばれます。

発生率

声帯結節は、女性と子供に最も発生しやすいです。

声を使いすぎると、最初は両方の声帯が、特にフロントとミドル3分の間にエッジに沿って腫れます。
これらは、最もよく使用される声帯の部分です。
この時点で、人々はすでに声に問題を抱え始めています。
声を使いすぎると、声帯の腫れた縁に結節ができます。結節はピンヘッド程度の大きさで、互いに向かい合っています。

診断

喉頭鏡検査として知られるこの検査は喉頭鏡(内視鏡)と呼ばれる柔軟または硬いチューブ状の器具を使用して行われます。
粘膜は時々局所麻酔薬を使用して麻痺します。

医師は、声帯を拡大する特別なデバイスを使用して、声帯がどれだけ簡単に振動するかを測定します。
ストロボスコープとして知られるこのデバイスには、非常に速く点滅するライトが付いています。
点滅する光により、声帯がスローモーションで動いているように見えるため、声帯を詳しく見ることができます。

まとめ

西洋医学で判断される発生障害は声帯結節の炎症によるものと考えられます。

その原因は使いすぎ。と単純明確であるものです。

そして、対処方法も休めること。とシンプルな提案がなされていました。

声帯の治療には薬物が使用されることはほとんどなく、
電気療法や蒸気吸入法などが採用されることがあります。

しかし、それは声帯結節の炎症ということがわかってから対処すべきであり、
心因性などの考慮がなされますので、耳鼻咽喉科の専門に相談してみることからをおススメします。