【謝る】語彙力をつけたい人に。言葉の選び方について

今回は謝る時の言葉の選び方について

時には謝る必要もあります。

それが自分に非があっても無くとも。

そんな必要である時のために、誤る言葉の選び方について紹介します。

謝る

・「懺悔」 神様に罪を告白する。真実を打ち明ける

・「謝意」 謝罪、感謝の気持ち

・「多謝」 非礼、失礼を詫びるときに使う

・「陳謝」 事情を言って謝る

・「万謝」 深く詫びる

・「平謝り」 ひたすら謝る

やわらかく表現した場合

泣きを入れる

平蜘蛛のよう

許しを請う

など

まとめ

謝罪という言葉を使う人が多いですが、罪を謝る際に使うことがよいそうで。

謝罪自体に非礼を詫びるという意味もありますが、多謝などをご厚情多謝と使ったりする方が良かったりするようです。

謝るにもシーン別などで、これだけ種類があるのか~と調べてるうちに関心しましたが、
それだけ無知であるということもわかりました。

こういった意味を調べていると、世間で使われている言葉の意味がちぐはくしていることがわかってきます。

正しく使う必然性があるのか?という疑問は出てきましたが、単純に言葉を覚えるのは面白いので紹介しました。