【広い】語彙力をつけ表現力をブーストするヒント

今回は広いという言葉の選び方について

あの人の心は広い、大らかな人だ。などその人が持つ受け入れるキャパシティを表現する時に「広い」という言葉を用いることはあります。

私も言われてみたいもので。

では、その「広い」に更なる語彙力をつけるための選び方について紹介します。

広い

・「開豁」 人柄が大らか

・「闊達」(かったつ)小さな物事に拘らない

・「度量」 他人を拒まず受け入れる心の広さ

・「雅量」 大らかな度量

・「大量」 度量が大きいこと

・「広量」 心が広いこと

・「襟度」 人を受け入れる心の広さ

・「浩然」 何かにとらわれない広く大きな気持ち


まとめ

広いにも様々な表現があることは判って頂けたと思います。

「度量」については大量や雅量など表現があることも初めて知りましたが、
度量が大きなところを見せて・・・などと使うと普段使いもできますね。

文章にする場合は上記の表現の中から適切なものを選べば良いですが、
実際に口にするとこっぱずかしいものもあったりしますし。

清濁併せ呑む!心を持ちたいもので。