【わかる】語彙力をつけたい人が覚える言葉の選び方について

今回はわかるという言葉の選び方について

ビジネスで、「了解しました」と言われ、了解という言葉を安易に使う習慣があるものかと勘違いしていた時期もありました。

私の中で了解というとガンダムWの「任務了解」しかなかったため、
今でも人に了解ということに抵抗があります。

そんな「わかる」という表現について語彙力をつけましょう。ということでそれぞれの意味を紹介します。

わかる

・「会得」 意味がわかり自分のものになる

・「解釈」 意味がわかり説明したりもする

・「解する」 理解する

・「感得」 感じて理解する

・「曲解」 わざと捻じ曲げて誤った解釈をする

・「悟る」 物事を明確に理解する

・「首肯」 納得して頷く

・「承諾」 他の人の要求を受け入れる

・「承服」 了解して相手に従う

・「得心」 十分に理解する

・「納得」 考えと行動、行為を理解し認めること

・「把握」 状況をしっかりと理解する

・「早合点」 勝手に判った気になる

・「了解」 よく理解して認める

まとめ

「多少了解します」と言われたことがありますが、どれだけ意味わからんことになっているのかわかって頂けたかと思います。

わかっただけだったら「解しました」とでも言った方が良さそうで。

了解だと理解して認めるということになりますので、後からその意見や指示に対して反論するとなれば、それも意味不明なことになります。

日本語って面白いですね。