【慣れる】もう検索しなくても大丈夫!これを見れば言葉の意味が理解できます。

今回は慣れるという言葉の選び方について

書いているのは8月なので、色々なチャレンジを始められた方は慣れ始めるころでしょうか?

4月に新しいことを始められる人が多いと聞きますので、そのようには書いておりますがどうでしょう?

そんな「慣れる」ですが、言う人や捉えられ方によってはん!となってしまうことも。

そんな「慣れる」の語彙力をつけることがどのように円滑なコミュニケーションを作ってくれるのか?ということを使ってみて検証してください。

慣れる

・「円熟」 知識などが十分に発達してきたね

・「慣熟」 十分に慣れて上手になってきたね

・「熟れる」(こなれる) 世の中に慣れた

・「馴致」 慣れさせること

・「親昵」(しんじつ) 親しみ馴染むこと


カタカナで表現すると

・エキスパート (専門家)

まとめ

君は熟れてきたね!と言われることが一度ありましたが、それを言った当時の先輩はとても語彙力が高かったのか?とやっと気づいたという。

慣れるというと良い意味にも悪い意味にも捉えられますが、言葉選びとして悪い意味を持つものは本来ありません。

発言する人の皮肉ってやつで、そう捉えられることもありました。

でも慣れるという言葉は前向きな言葉であることが今回わかりましたので、
disりでは使わないようにしよう!と心に決めました。