【妊娠】妊婦の腰痛や骨盤痛の解消に運動療法の科学的根拠性はありますか?

今回は妊娠中の腰痛、骨盤痛について

妊婦さんの中には腰痛と骨盤痛に悩まされる人もおられます。

そんな悩まされる中にはマッサージや運動をして痛みを改善しようという人もいるのかと。

そんなマッサージや運動などの方法は科学的根拠があるのか?ということを調査している研究結果を紹介します。

研究の内容は?

2015年1月19日のものです。
・16〜45歳の妊婦5121人を含む34件のランダム化研究が含まれています。
・女性の妊娠期間は12〜38週。
・腰痛、骨盤痛、または両方のタイプの痛みを伴う妊婦のさまざまな治療法を検討しました。
すべての治療は、通常の出生前ケアに追加され、23件の研究で通常の出生前ケアと単独で比較されました。研究では、自己申告による痛みや病欠から特定のテストの結果に至るまで、さまざまな方法で女性の症状を測定しました。

結論


腰痛
陸上での運動と通常の出生前ケアを比較した7つの研究(645人の女性)の結果を組み合わせると、運動介入(5~20週間続く)により、女性の腰痛と障害のレベルが改善されました。

骨盤の痛み
2つの研究では、グループ運動に参加し、痛みの管理に関する情報を受け取った女性は、通常の出産前のケアを受けた女性と比べて、骨盤痛に違いはないと報告されました。

腰痛および骨盤痛
4つの研究(1176人の女性)を組み合わせた結果は、8~12週間の運動プログラムが腰痛と骨盤痛を報告した女性の数を減らすことを示しました。

さまざまな形式の陸上運動も、2つの研究(1062人の女性)で腰痛および骨盤痛関連の病気休暇を減らしました。

しかし、他の2つの研究(374人の女性)は、グループ運動と情報は、通常の出生前ケアよりも骨盤痛または腰痛の予防に優れていることを発見しました。

さまざまな治療法をテストした単一の研究がいくつかありました。所見は、頭蓋仙椎療法、骨操作療法、またはマルチモーダル介入(手動療法、運動、教育)が有益である可能性を示唆しています。
報告されたとき、どの研究でも持続的な副作用はありませんでした。

まとめ

運動療法が腰痛と骨盤痛を軽減する。という低い質の証拠がありました。

運動療法は陸上でも水中でも差はなかったようで。

中には、整体療法や鍼治療なども含まれる研究もありましたが、それらも有益である可能性があったということに

妊娠中は自分だけの心配ではないので、通常よりも慎重に事を選ぶかと考えられますが、
試しに行うなら運動療法から。ということが薦められます。

しかし、プログラム管理などは専門の意見も取り入れたほうが良いかもしれませんので、
不安な方は専門医に相談してから、専門家の意見も聞いては如何でしょう?

しかし、もう一度お伝えしますが、この研究成果の証拠の質は低いです。

しっかりとご自身の体調と管理している医師に相談することがおススメです。


Liddle SD、Pennick V.妊娠中の腰痛および骨盤痛の予防および治療のための介入。系統的レビューのコクランデータベース2015、問題9。アート。番号:CD001139。DOI:10.1002 / 14651858.CD001139.pub4