【ビタミンA欠乏症】に対する主食を強化する介入のエビデンスについて【医療従事者】

今回はビタミンA欠乏症に対する主食で補うことについて

基本的にですが、主食で足りない栄養素があるため欠乏症になる。

ということが考えられますが、サプリメントに頼ったり、栄養素の錠剤を服用する人もいます。

ビタミンA欠乏症に限ったことですが、主食でVt.Aをカバーしたらどうなるのでしょうか?

というエビデンスについて紹介します。

研究内容

4455人の参加者を含む10のランダム化比較試験を含めました。

3つの試験では、ビタミンAで強化された主食と非強化主食の比較、5つの試験では、ビタミンAで強化された主食と他の微量栄養素と非強化主食の比較、2つの試験では、ビタミンAで強化された主食の提供が他の微量栄養素で比較されました介入なし。ビタミンAのみで強化された主食と介入なしを比較した研究はありません。

介入の期間は3〜9か月でした。

ビタミンAで強化された主食と非強化主食

ビタミンAのみで主食を強化しても、血清レチノール濃度にほとんど差がないかどうかは不明です。
ビタミンA単独で無症状のビタミンA欠乏症のリスクを軽減するかどうかは不明です。

ビタミンA強化が夜間失明と定義される臨床的ビタミンA欠乏を軽減するかどうかは不明です。

ビタミンAで強化された主食と介入なし

この比較のためのデータを提供した研究はありません。

ビタミンAと他の微量栄養素で強化された主食と、強化されていない同じ主食
ビタミンAと他の微量栄養素で主食を強化すると、血清レチノール濃度が増加しない可能性があります。

ビタミンAと他の微量栄養素で強化された主食と介入なし

ビタミンAと他の微量栄養素で主食を強化すると、血清レチノール濃度が増加する可能性があります。
介入なしと比較した場合、介入によってビタミンC欠乏症のリスクが低下するかどうかは不明です。

すべての原因による罹患率、すべての原因による死亡率、有害作用、食物摂取、先天異常(妊娠中の女性)、または母乳濃度(授乳中の女性)の結果に関する報告はありません。

結論


ビタミンA単独で主食を強化すると、血清レチノール濃度や無症状のビタミンA欠乏症のリスクにほとんどまたはまったく違いが生じない場合があります。強化されていない食品の提供と比較して、ビタミンAと他の微量栄養素で強化された主食の提供は、血清レチノール濃度を増加させないかもしれませんが、おそらく無症状のビタミンA欠乏のリスクを減らします。介入なしと比較して、ビタミンAと他の微量栄養素で強化された主食は血清レチノール濃度を増加させる可能性がありますが、証拠の確実性が非常に低いと評価されているため、介入が無症状のビタミンA欠乏のリスクを減らすかどうかは不明です。死亡率、罹患率、副作用、先天異常、母乳ビタミンAなどの結果に対する主食の栄養強化の効果を推定することはできませんでした。これらの結果は試験に含まれていなかったためです。研究の資金源のタイプは、分析の結果をゆがめるようには見えませんでした。

まとめ 

研究対象に選ばれていたのは、飽食になりやすい国、というよりは栄養失調などに陥りやすい経済状況が想定されている国だったため、日本人の食生活に当てはまるのかは不明です。

この結論からでは通常の主食にビタミンAを強化してもそんなに影響がない。ということもありましたが、アミノ酸類や微量ビタミン、ミネラル類などと混ぜることによって影響があったり無かったり。

個人的な感想ですが、Vt不足系の栄養補助など販売されていたり、推奨している専門家もいますが、ねずみさんではなくヒトで行われた規模の大きい調査結果を見せてやって欲しいな。

この論文をみてそう感じてしまいました。

お国にもよりますが、日本人の場合は飽食気味な食習慣と言われていますので、
満遍なく食べる。で良かったりもするのかも。

Hombali AS、Solon JA、Venkatesh BT、Nair NS、Peña‐Rosas JP。ビタミンA欠乏のための主食のビタミンAによる強化。系統的レビューのコクランデータベース2019年、第5号。番号:CD010068。DOI:10.1002 / 14651858.CD010068.pub2。