【慢性B型肝炎】に対する鍼治療のエビデンスについて【医療従事者】

今回は慢性B型肝炎に対する鍼治療について

東洋医学の力で治るのか?というエビデンスについてです。

鍼の専門家ではありませんので、どういった機序で治癒する。などの発想がないため、論文を紹介します。

研究内容

555人のランダム化された参加者による8つのランダム化臨床試験を含めました。
含まれたすべての試験では、鍼治療と介入なしを比較しました。

7件の試験には慢性B型肝炎の参加者が含まれ、
1件の試験には結核を併発した慢性B型肝炎の参加者が含まれていました。

さらに含まれた試験はいずれも、すべての原因による死亡率、重篤な有害事象、健康関連の生活の質、B型肝炎関連の死亡率、およびB型肝炎関連の罹患率を評価することを目的としていません。

鍼治療は、介入なしと比較して、重篤ではないと考えられる有害事象に関して効果があるかどうかは不明です。

鍼治療は、検出可能なB型肝炎ウイルス(HBV)DNAの減少を示しました。

8件の試験のうち3件は、政府または病院から学術的資金を受けていました。
残りの5つの試験では、資金に関する情報は報告されていません。

結論


慢性B型肝炎に対する鍼治療の臨床効果は不明のままです。含まれた試験には、すべての原因による死亡率、健康関連の生活の質、重篤な有害事象、B型肝炎に関連した死亡率、およびB型肝炎に関連した罹患率に関するデータがありませんでした。除外された膨大な数の試験には、それらのデザインと行動の明確な説明が欠けていました。鍼治療が重篤ではないと考えられる有害事象に影響を及ぼすかどうかは不明です。鍼治療がHBeAgに影響を与えるかどうか、および検出可能なHBV DNAの減少に関連するかどうかは不明のままです。重篤ではないと考えられる有害事象に関する1つまたは2つの小規模試験および利用可能なHBeAgおよびHBV DNAに関する利用可能なデータに基づくと、証拠の確実性は非常に低い。

まとめ 

鍼治療の効果については何とも言えない結果に。

エビデンスを重要視する方には避ける選択肢なのかもしれませんし、
何でもいいから治る見込みのある手段には縋る。ということも考えられます。

肯定も否定もできない結果なので、気になる方は試しても良いのかも?


Kong DZ、Liang N、Yang GL、Zhang Z、Liu Y、Yang Y、Liu YX、Wang QG、Zhang F、Zhang HY、Nikolova D、Jakobsen JC、Gluud C、Liu JP。慢性B型肝炎のための鍼。系統的レビューのコクランデータベース2019、第8号。番号:CD013107。DOI:10.1002 / 14651858.CD013107.pub2。