【歯周病と虫歯】の予防するための歯磨きと歯間洗浄のエビデンスについて【医療従事者】

今回は歯周病と虫歯の予防について

家庭で出来る範囲(歯磨きと歯間洗浄装置)の介入について、研究されている論文を紹介します。

研究内容

35のRCT(3929の無作為化成人参加者)を含めました。
多くの参加者は、歯肉炎のベースラインが低レベルでした。

研究では、以下のデバイスと歯磨きを比較しました。
フロス(15回の試行)
歯間ブラシ(2回の試行)
木製クリーニングスティック(2回の試行)
ゴム/エラストマークリーニングスティック(2回の試行)
口腔洗浄器(5回の試行)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歯間ブラシ(9試行)
木製クリーニングスティック(3試行)
ゴム/エラストマークリーニングスティック(9試行)
口腔洗浄器(2試行)
4つのデバイスをフロスと比較しました。

歯磨き単独との比較

低確実性の証拠により、フロッシングは歯磨きに加えて、1か月で歯肉炎を軽減することが示唆されました。
3か月または6か月。出血部位とプラークの割合の結果は一貫していませんでした。

非常に低い確実性の証拠は、歯間ブラシと歯磨きを使用すると、1か月で歯肉炎を軽減できることを示唆しました。

出血部位に明確な差はありません。
確実性の低いエビデンスは、歯間ブラシが歯磨き単独よりも歯垢を減らす可能性があることを示唆しています。

非常に低い確実性の証拠により、木製のクリーニングスティックと歯磨きを使用すると、3か月で出血部位が減少する可能性があることが示唆されました。

非常に低い確実性のエビデンスにより、ゴム/エラストマー歯間クリーニングスティックと歯磨きを使用すると、1か月でプラークが減少することが示唆されました。

非常に低い確実性の証拠により、経口洗浄器は1か月でGIによって測定される歯肉炎を軽減することが示唆されました。

デバイス間の比較

低確実性の証拠は、歯間ブラシが歯肉炎を1ヵ月および3ヵ月でフロスよりも減らすことができることを示唆したが、ポケットの深さを調べることで測定された歯周炎の違いは示さなかった。

低から非常に低い確実性の証拠は、口腔洗浄がフロッシングと比較して1か月で歯肉炎を減らすかもしれないことを示唆しましたが、非常に低い確実性の証拠はプラークのデバイス間の違いを示唆しませんでした。

歯間ブラシまたはフロッシング対歯間クリーニングスティックの非常に低い確実性の証拠は、どちらの介入の優位性も示しませんでした。

結論


歯磨きに加えてフロスまたは歯間ブラシを使用すると、歯磨き単独よりも歯肉炎または歯垢、またはその両方を減らすことができます。歯間ブラシはフロスよりも効果的かもしれません。歯のクリーニングスティックと口腔洗浄器の入手可能な証拠は限られており、一貫性がありません。結果は主に短期で測定され、ほとんどの研究の参加者は歯肉炎のベースラインが低レベルでした。全体的に、エビデンスは低から非常に低い確実性であり、観察された効果の大きさは臨床的に重要ではないかもしれません。今後の試験では、新しい歯周病の分類に従って参加者の歯周状態を報告し、隣接歯間car蝕と歯周炎を測定するのに十分な期間持続する必要があります。

まとめ 

歯ブラシと歯間ブラシで十分に歯垢と歯肉炎には対処できるようです。

他のデンタルフロス系の機器に関するエビデンスについては、限定的なものも含まれているため、言い切ることはできないようです。

しかし、有害報告に関しては無かったため、使用すること自体に問題はないのかと思われます。

口腔衛生を予防するのであれば、それらの使用は役に立つ。という特段変わった結論ではありません。


ワージントンHV、マクドナルドL、ポクレポビッチペリシックT、サンブンジャクD、ジョンソンTM、今井P、クラークソンJE。歯周病および虫歯を予防および制御するための、歯磨きに加えて、歯間洗浄装置の家庭での使用。系統的レビューのコクランデータベース2019、第4号。番号:CD012018。DOI:10.1002 / 14651858.CD012018.pub2。