【感染症】など汚染された体液から防護するための介入のエビデンスについて【医療従事者】

今回は医療従事者の汚染暴露を防ぐ介入について

私自身も極まれにありますが、患者の血液に触れてしまいそうになる機会があります。

何分、普段から対策をしなくても良い?という環境に置かれることがありますが、
手指の消毒だけは行っている状況です。

ではでは、医療従事者が汚染された体液から防護する個人用保護具などについてのエビデンスを紹介します。

研究内容

・17の研究と1950の参加者が21の介入を評価しました。

10の研究で個人用保護具(PPE)の種類を比較しましたが、十分なデータを報告したのはこれらのうち6つだけです
6つの研究が異なるタイプの着用と玉投げを比較し、3つの研究が異なるタイプのトレーニングを評価しました。
15件の研究では、蛍光マーカーまたは無害なウイルスによる曝露のシミュレーションを使用しました。
シミュレーション研究では、汚染率はすべてのタイプのPPEの参加者の10%から100%で変化しました。
ある研究では医療従事者はエボラ出血熱にさらされ、別の研究ではSARSに暴露されました。

すべての結果の証拠は、単一の研究に基づいており、非常に低い品質です。

さまざまなタイプのPPE

通気性の高い素材で作られたPPEは、より多くの撥水素材よりもトランク上の汚染スポットを増やすことはありません。

ガウンは、エプロンよりも汚染を防ぐことができます。

動力付き空気浄化レスピレーターの使用は、このようなレスピレーターを使用しないPPEの単純なアンサンブルよりも優れた保護を提供する場合があります。

着用および玉揚げ手順の異なる方法

ダブルグローブは、シングルグローブに比べて汚染が少ない可能性があります。

ドッフィングに関するCDCの推奨事項に従うと、ガイダンスなしと比較して汚染が少なくなる可能性があります。

ドッフィングプロセス中に使用されるアルコールベースの手指擦り傷は、次亜塩素酸塩ベースの溶液の使用よりも汚染が少ないとは限りません。

さまざまな種類のトレーニング

追加のコンピューターシミュレーションを使用すると、ドッフィングのエラーが少なくなる可能性があります。

PPEの装着に関するビデオ講義は、従来の講義よりも優れたスキルスコアにつながる可能性があります。

すべての研究における偏りのリスクが高いこと、証拠の間接性、および少数の参加者のために、証拠の質はすべての比較において非常に低い。

結論


通気性の高いPPEの種類が多くても汚染の原因にはならないが、ユーザーの満足度が高いという非常に低い品質の証拠が見つかりました。つかむタブなどのPPEの変更により、汚染が減少する場合があります。CDC玉揚げガイダンスに従った二重手袋、および玉揚げ中の音声指示は、汚染を減らし、コンプライアンスを高める可能性があります。PPEを使用した対面トレーニングでは、ビデオまたはフォルダーベースのトレーニングよりもエラーを減らすことができます。データはバイアスのリスクが高い単一の小規模な研究から得られるため、影響の推定については不確かです。どのトレーニングが長期的に最も効果的かを調べるために、無作為化比較試験が依然として必要です。どのPPEが最もよく保護され、どのPPEを削除する最も安全な方法であるかを見つけるために、数十人の参加者で実施されたより良いシミュレーション研究が必要です。曝露のシミュレーションと結果の評価を行う最良の方法についてのコンセンサスが緊急に必要です。感染性の高い病気にさらされた医療従事者は、PPEの使用を登録する必要があり、野外での感染リスクについて前向きに追跡調査する必要があります。

まとめ 

1類感染など、大問題になるようなケースで想定して防護しないといけない時のためのエビデンスでした。

普段から私たちが防護服を着る機会はないですが(ないといいのですが)
こういったレクチャーをビデオ講習などで受けてみることは1つです。

コメディカルと呼ばれる医療従事者も手袋ぐらいは常用していても良さそうにも思えた研究論文でした。


Verbeek JH、Rajamaki B、Ijaz S、Tikka C、Ruotsalainen JH、Edmond MB、Sauni R、Kilinc Balci FS。医療スタッフの汚染された体液への曝露による感染性の高い病気を防ぐための個人用保護具。系統的レビューのコクランデータベース2019、第7号。番号:CD011621。DOI:10.1002 / 14651858.CD011621.pub3。