【幹細胞移植】医療従事者なら知っている基本的な知識について

今回は幹細胞移植について

紹介する内容はがん治療の移植術に関する内容にはなりますが、
幹細胞移植って何なの?ということを紹介します。

概要

従来の癌治療は、手術、化学療法、放射線療法で治療されます。
しかし、時にはこれらの治療法が成功しないことがあります。
その後、幹細胞移植が選択肢となる場合があります。
特に白血病などのさまざまな形態の血液癌の治療に使用されます。

厳密に言えば、通常は異なる血液細胞を産生する骨髄の幹細胞のすべてまたはほとんどを破壊する、非常に強力で高用量の化学療法です。
その後、血液を介して体にすぐに健康な幹細胞が供給され、骨髄に定着して新鮮な血液細胞が生成されます。
これに対する医学用語は「造血幹細胞移植」(HSCT)。
「造血」とは「血液を造る」ことを意味します。

幹細胞移植単独では、実際にはそれ自体が癌治療ではありません。
むしろ、大量化学療法によって破壊された重要な血液幹細胞を代替えする方法と言えます。

いくつかのタイプの幹細胞移植は、ドナー細胞が残りのわずかな癌細胞と積極的に戦うため、癌細胞と直接戦うのにも役立ちます。
臓器の移植とは異なり、幹細胞移植は手術を必要としません。
輸血のように、幹細胞を含む液体は点滴によって体内に供給されます。
しかしこの治療法は、身体的、感情的に非常に負担がかかり、深刻な合併症を引き起こす可能性があります。
この原因として、高用量の化学療法と重要な血液細胞の一時的な不足によるものと考えられています。

幹細胞とは 


私たちの血液は約50%が液体(血漿)、50%が血球です。
血液細胞には主に3つの種類があります。 
  • ・赤血球は、酸素と二酸化炭素を輸送します。
  • ・白血球は、私たちの体を細菌から保護します。
  • 血小板は、血液を凝固させて傷を癒すのに役立ちます。  
血球の寿命は短いです。
数日間しか生存しない人もいれば、数ヶ月後に死ぬ人もいます。
これは、健康な人の骨髄が毎日何十億もの血液細胞、特に赤血球を置き換えることを意味します。
血液幹細胞がこの仕事を引き継ぎます(略して:幹細胞)。
それらは事実上、他のすべての血液細胞が発生するすべての血液細胞の母です。

幹細胞は主に骨髄に見られますが、一部は血液自体にも見られます。
骨髄は、股関節の骨などの特定の骨の内側にある海綿状の組織です。

幹細胞は絶えず分裂して増殖し、体内に十分な血球があることを確認します。
幹細胞が分裂すると、新しい幹細胞と新しい血液細胞という2つの新しい細胞が生じます。
血液細胞はいくつかの発達段階を経て、最終的に白血球、赤血球、血小板になります。
血液細胞が成熟すると、骨髄を出て血液に入ります。

では移植となった場合の種類について

自家移植

移植に自分の幹細胞を使用する場合は、治療を開始する前に幹細胞を採取して凍結します。
その後、化学療法後に体内に戻されます。
この方法では幹細胞が最初に採取されるときに、体内にできる限り少ないがん細胞がある場合にのみ行われます。
自家移植を受けている場合は、幹細胞を採取する前に化学療法を受ける必要があります。
自家移植を受けることの主な利点は、体が自身の移植された幹細胞を確実に受け入れることです。
一部の病気の細胞が幹細胞とともに体内に戻ってくるという保証はありませんが、この治療法は一部の人々で成功する可能性があります。

ドナー幹細胞による移植


ドナー幹細胞の移植は、自家移植と同様の方法で行われます。
同種幹細胞移植には2つの利点がありますが、1つの大きな欠点もあります。

1つの利点は、特定の免疫細胞が提供された幹細胞とともに移植されることであり、これらはレシピエントの体内に残っている癌細胞と戦うのに役立ちます。
この有益な効果は「移植片対疾患効果」と呼ばれます。別の利点は、幹細胞が健康な人から採取されたため、がん細胞が伝播しないことです。
この種の移植の欠点は、ドナーの免疫細胞がレシピエントの体内の組織細胞を攻撃し始める可能性があることです。
この種の反応は、「移植片対宿主効果」と呼ばれます。

この反応は主に皮膚、腸、肝臓に影響を与えます。
急性移植片対宿主病の重症度は4度定められています。
軽度の反応(ステージ1)は発疹を引き起こす可能性がありますが、移植の成功には影響しません。
より深刻な反応(ステージ2〜4)は、集中治療を必要とし、より深刻で、時には生命を脅かす問題につながる可能性があります。
拒否反応が長時間続く場合もあれば、数か月後にのみ開始される場合もあります。
これは慢性移植片対宿主病と呼ばれます。これは炎症似た免疫反応であり、レシピエントの体内の組織に影響を与えます。
新しい血液細胞の産生には影響しませんが、呼吸困難、関節痛、下痢、粘膜、皮膚、目の問題など、いくつかの深刻で衰弱する問題を引き起こす可能性があります。
また、肝臓などの他の臓器にも影響を与える可能性があります。
慢性拒絶反応のある人は、長期の薬を服用する必要があるかもしれません。

重度の移植拒絶を防ぐために、組織タイプがレシピエントの組織タイプに可能な限り一致する幹細胞ドナーを見つけることが重要です。
理想的なドナーは、組織の種類がレシピエントとまったく同じ一卵性双生児です。しかし、これは非常に稀な例です。

近親者からの幹細胞は良い選択肢とされています。
適切な血縁ドナーがいない場合、血縁関係のない人も血液幹細胞を提供できます。
ここでも、ドナーの組織タイプは、レシピエントの組織タイプにできるだけ類似している必要があります。

適切な幹細胞ドナーを見つけるために、多くの国内および国際的なデータベースがセットアップされています。
幹細胞を寄付したい人は、データベースに登録します。

まとめ

以上が基本的なことです。

手術療法と違い、物理的な侵襲性は少ないにしろ副作用は付き物です。

それらにより、肉体的にも精神的にも疲弊しやすい治療法であることに違いはありませんが、症例によってはこの方法が「希望」となることもあるのかもしれません。

とはいえ、ご覧いただいた通り万能な治療法ではありませんので、
よく検討されてから実践する人がほとんどかと思われます。


ボルバシS、キャメロンK、クエストB、オルバーI他 口の痛み以上:口腔粘膜炎の患者の経験。Oncol Nurs Forum 2002; 29(7):1051-1057Gaskill D、Henderson A、Fraser M.患者の日常の世界を単独で探索する。Oncol Nurs Forum 1997; 24(4):695-700Kasper DL、Hauser SL、Jameson JL、Fauci AS、Longo DL、Loscalzo J. Harrison's Principles of Internal Medicine。ニューヨーク:McGraw-Hill Companies。19h ed; 2015年。Pschyrembel W. KlinischesWörterbuch。ベルリン:De Gruyter; 2014年。Saleh US、Brockopp DY。骨髄移植のために入院したがん患者の希望:現象学的研究。Cancer Nurs 2001; 24(4):308-314Xuereb MC、Dunlop R.白血病と骨髄移植の経験:意味と代理店の検索。心理学2003; 12(5):397から409