【メニエール】の改善のために塩分、カフェイン、アルコールの制限に関するエビデンスについて【医療従事者】

今回はメニエール病、症候群の人の塩分、カフェイン、アルコールの制限について


メニエール病とは??

100,000人あたり約200人がメニエールに苦しんでいると言われています。

原因が特定できない場合はメニエール病と呼ばれ、
その発症の既知の理由がある場合はメニエール症候群と呼ばれます。

患者は、めまい、難聴、耳の圧迫感および耳鳴りを主とした症状を訴えます。

現在、メニエール病の標準治療法はなく、治療の選択肢は食事内容、薬、手術とあります。

そもそも本症は、内耳の内分泌液(内リンパ)の量または組成の乱れによって引き起こされると考えられています。

食事による塩の摂取は、血液中の電解質の濃度に影響を与え、内リンパの組成に影響を及ぼす可能性があります。
これは塩分の摂取を控えると発作の一因が抑制できるのでは?と考えられています。

カフェインとアルコールの摂取は、血管の収縮(血管収縮)を引き起こす可能性があり、内耳への血液供給の減少をもたらす可能性があるため、制限を検討した方が症状が軽減する?と考えられています。

多くの医師は、比較的シンプルで安価な選択肢であるため、食事療法を第一選択の治療法として勧めています。

では、それを制限することによって利益はあるのか?ということについて

研究は?


レビューの選択基準を満たす研究は特定しませんでした。


結論


メニエール病または症候群の患者における塩、カフェインまたはアルコール摂取の制限を支持または論証するランダム化比較試験からの証拠はありません。

まとめ 

一見、生理学的にも説明がつきそうなものですが、現状ではこれらに関する研究結果がないようで。(参照にしたレビューは2018年のもの)

そもそもメニエール病なのか症候群なのかでも、原因があったり無かったりとなので、これらの制限が必ずしも当てはまるとは限りません。

勿論摂り過ぎは勧めませんが、無理な制限もどうなのかと。

他に良い論文があれば紹介します。


フセインK、マーディンL、シルダーAGM。メニエール病または症候群の治療のための塩、カフェインおよびアルコール摂取の制限。Cochrane Database of Systematic Reviews 2018、Issue12。Art。番号:CD012173。DOI:10.1002 / 14651858.CD012173.pub2。