【筋トレ】ボディビルダーから学ぶ食事の摂取目安について【医療従事者】

今回は筋トレにおけるタンパク質の摂取量について

始めに断りをいれます。

「情報は古いです。」

というのは、この研究のレビューア自身も古いと断言しているため、
この情報は古くてもっと新しい方法があるのか。というヒントとなどを紹介します。

研究内容


ボディビルダーの食事について。

385人の参加者について、適格基準を満たす18の原稿が報告されました。

ほとんどの研究は1980-1990年代に出版され、3つは過去5年間に出版されました。

エネルギー摂取量は、
・男性では10〜24 MJ /日
・女性では4〜14 MJ /日でした。

タンパク質摂取量は、
・男性では1.9から4.3 g / kg
・女性では0.8から2.8 g / kgの範囲でした。

炭水化物と脂肪の摂取量は、それぞれ6 g / kg /日未満で、エネルギーの30%未満でした。

炭水化物の摂取量は以下であり、タンパク質(男性)の摂取量は、日中の主要栄養素の品質や分布の調査を考慮せずに、筋力のあるアスリートに対する現在の推奨よりも多くなりました。

最も一般的に報告されている食事サプリメントはタンパク質粉末/液体およびアミノ酸でした。

この研究では、さまざまな食事摂取の理論的根拠に関する詳細を提供できませんでした。ダイエットサプリメントの貢献もしばしば報告されていません。

結論


このレビューは、競争力のあるボディービルダーの食事摂取習慣を説明している文献が古く、しばしば質が悪いことを示しています。摂取量の報告には、使用の根拠となる理論的根拠の詳細と詳細が必要でした。このレビューは、この分野で高品質の現代的研究が必要であり、科学的調査に値する食事戦略を明らかにする可能性があることを示唆しています

まとめ 

一応2015年に発表されている論文でしたが、こういった内容でした。

ちなみに10MJでおおよそ2390㎉はあります。

基礎的には考えとして応用が効くかもしれませんが、
細かい部分ではもっと良い方法が発表されているのかもしれません。

見つかり次第記事にします。


Spendlove J 1ミッチェルLギフォードJハケットDスレーターGCobley SオコナーH